スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカード

クレジットカードの使い分けと限度額アップトップページ
クレジットカードの歴史と発展

クレジットカードの歴史と発展(2)

とある金融会社に勤めていた紳士が、ニューヨークにある有名なレストランで食事をした後、財布がないことに気がつき、非常に恥ずかしい思いをしてしまいました。 彼は、今後自分と同じ失敗をした人がでても、決して恥をかかないような仕組みをつくれないかを考えました。 そして友人の弁護士と相談した結果、ツケで食事ができるクラブをつくることになりました。 このクラブの会員証としてできたものが、ダイナースカードというわけです。 このクラブは富裕層に的を絞ったものであったため、そのステータスの高さからビジネスマンの間に広く浸透していったのです。 そのうちにクレジットカードは、個人の信用力を示す重要な手段となり、現在...




クレジットカードの歴史と発展(1)

日本でクレジットカードが使われるようになってから、既に半世紀近くが経ちました。 現在ではクレジットカードは広く普及し、ほとんどの人の財布にクレジットカードが入っています。 このように便利なクレジットカードが最初に世にあらわれたのは、1910年頃のアメリカでのことです。 クレジットカードは当初、航空会社やホテル・石油元売会社や大手百貨店などが、顧客の売掛金勘定の事務処理を容易にすること、及び顧客取引データの保存管理と囲い込みを目的として発行されたものです。 また、大量取引を行う顧客が多いことから、クレジットカードは大量の取引ができるだけの富裕層であることの証ともなりました。 こうして、クレジット...




PMCマークとNSAマークとは?

PMCマークとNSAマークとは?(2)

また、カード1枚で何人まで割引されるのか、現金でも割引きできるのかどうかも事前に確認しておきましょう。 一方、NSAのマークは最近よく見かけるようになったものですが、ホテルやレストランあるいはブティックなどの入口やレジに、NSAマ-クのステッカーが貼ってあります。 NSAマークは、PMCマークと同じような割引サービスです。 カードの裏側にNSAのいずれかのマークが貼ってあって、それを加盟店に見せることによって、飲食代やサービスが5~20%割引で利用できるという優れものです。 NマークはプログラムNのことを指し、NTTグループカードや通信販売のニッセンのカードなどについています。 SマークはSセ...




PMCマークとNSAマークとは?(1)

クレジットカードには、支払い機能のほかにもPMCマークとNSAマークというものがあります。 このマークは、全てのクレジットカードに付いているものではなく、付いていないクレジットカードもあります。 もしもクレジットカードにこの機能が付いていれば、クレジットカードの裏面にマークが付いています。 ほとんどのカードでは1種類のマークしかなく、PMCマークとNSAマークの両方のマークが付いているカードはまず無いと思われます。 これらのマークが付いていると、同じマークが貼ってある加盟店において、クレジットカードのマークを呈示することによって、会計の時に5~20%の割引を受けることができます。 VISAやM...




学生が作れるクレジットカードの限度額

学生が作れるクレジットカードの限度額

最近は、学生でもクレジットカードを持つことが当然のようになってきました。 そこでここでは、インターネットで簡単に申込みができて、人気のある学生専用のクレジットカードを紹介していこうと思います。 クレジットカードを持っていると、海外旅行やショッピングなどで利用できるので、便利です。 ●シティスチューデントカード: 入会資格:18歳以上の学生 カードの種類:VISA 利率:13.2~18.0% 利用限度額:10万円 年会費:1050円 ●シティクリアカード: 入会資格:20歳以上年収150万円以上、または18歳以上の学生 カードの種類:VISA/MasterCard 利用利率(リボ払い):11.4...




クレジットカードの限度額も考えて持つように

パソコンなどの高額商品を買おうとした時に、いざクレジットカードの限度額が足りなくなって困った事はありませんか? 例えばパソコンの値段は30万円、メインのクレジットカードの限度額は20万円、これでは買えませんよね。 もう一つサブのクレジットカードの限度額は20万円、これでパソコンの値段を二つに分け、メインで20万円、サブで10万円の利用をすることになります。 普段は高額の買い物をあまりしないでしょうから、気にした事はないと思いますが、このように、利用限度額というのはとても大切なものです。 特に、海外旅行などで利用しようとした場合には、それが顕著に現れます。 上記の例のように、2枚のクレジットカー...




海外旅行に行く際のクレジットカードの限度額

クレジットカードの利用限度額の引き上げについて

クレジットカードをいつでもどこでも使っていると、電気やガスの公共料金から趣味で使う物など、カードを利用できるものはなんでも利用してしまい、限度額いっぱいに使い切ってしまったり、使いたいのに利用可能額が足りなくて使えない、といったことになってきます。 こういった状況を脱するのに一番簡単な方法は、カードの利用を少しの期間控えて、利用可能額の枠が戻ることを待つことです。 しかしながら、これだと何ヶ月単位でカード利用を控えなければならなくなるので、せっかく貯めていたポイントなどを取得できなくなったりすることがあります。 こういった状況を回避するために、カードの利用限度額を引き上げてもらうようにチャレン...




海外旅行に行く際のクレジットカードの限度額

海外旅行に行く場合には、クレジットカードを利用するのが安全で便利だと思いますが、一方でスキミングや決済額の書き換えなどといった事故は怖いですよね。 しかし、現在はネットですぐに請求額をチェックできますので、間違いや疑問を見つけたらすぐにカード会社に連絡すれば対応してくれますし、悪用されているとわかれば保障をしてくれます。 一時期もてはやされたトラベラーズチェックについては、便利だと思いきや意外と使いにくいと言うことがわかってきました。 トラベラーズチェックはアメリカ以外ではほとんど使用できません。 また、両外だと手数料も取られますので、不経済なのです。 ICカードについては、日本では利用が可能...




年会費によってクレジットカードを上手く使い分ける

年会費によってクレジットカードを上手く使い分ける(2)

永久無料のクレジットカードがあるにもかかわらず、わざわざ年会費のかかるカードを持つ必要もないと思います。 クレジットカードは通常、年会費がかかります。 この年会費の費用を高いと見るか安いと見るかは、カードユーザーのカードを利用する頻度にかかってきています。 クレジットカードがほとんど使われていないのなら、この年会費はドブに捨てているようなものです。 逆に、定期的にクレジットカードを利用して、年にかなりの金額を使っているのであれば、割引率やポイント換算で年会費は十分に元をとれていると言うこともあります。 年会費無料や初年度年会費無料カードであれば、使っても使わなくても持ち出す費用はありませんので...




年会費によってクレジットカードを上手く使い分ける(1)

提携カードの中には、初年度無料というクレジットカードが多いですね。 これは入会1年目だけ年会費が無料で、2年目から年会費を取るというもので、デパート・航空・自動車・ガソリンなどさまざまな分野で盛んに行われています。 このカードの良いところは、利用者がとりあえず加盟してみようという気になる点で、永遠無料カードよりも高い人気になっています。 しかし、この初年度無料のクレジットカードには注意が必要です。 なぜなら、1年間はすぐに経ってしまい、2年目の入会月がきて入会月を越すと、その時に年会費を払わなければなりません。 そうなる前に、そのクレジットカードを継続するかやめるかをなるべく早く判断する必要が...


スポンサーサイト

«クリスマスプレゼント | トップへ戻る |  キャッシング»

お気に入りリンク
ドクターズコスメならラボラボ
中古車検索
にきび跡 対策なら『 ラボラボ 』
BMW 中古車
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。