スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車保険の等級と見積比較のポイント

自動車保険の等級と見積比較のポイントトップページ
自動車保険の等級
自動車保険 等級据え置き事故とノーカウント事故

自動車事故の等級についての説明をしてきましたが、基本的な仕組みとして「加入者が事故を起こして保険を適用した場合には、等級が下がって保険料が高くなる」という風になっていることをわかって頂けたかと思います。 ですが、これに当てはまらない例外もあり、実際、事故を起こした際に保険を適用しても等級が下がることがないケースがあります。 それらが「ノーカウント事故」と「等級据え置き事故」になります。 「ノーカウント事故」は次のような事故が該当し、これらは事故件数としては数えない為「翌年の等級に影響することがありません」(これ以外が無事故であれば通常通りに1等級上がります)。 1.搭乗者傷害保険事故 2.人身...



自動車保険 等級の保留

自動車保険の等級を「家族間」や「保険会社を変更する場合」での引き継ぐ方法をここまで紹介してきましたが、もう1点覚えておかなければならない事があります。 そのもう1点とは「中断による引継ぎ」のことです。 国内の転勤や海外勤務などにより長期に渡って車を手放す場合、保険会社で「中断手続き」を申請しておけば、海外渡航の場合で10年間、通常で5年間、これまでに契約していた自動車保険の等級を同じ状態で引き継ぐことが可能です。 自動車保険の「中断手続き」を行うには、保険会社で発行する中断申請書に必要事項等を記入して、中断証明書を取ればよいのですが、やはりこの手続きの際にもいくつかの注意するべき点があります。...



自動車保険 等級の引継ぎ

自動車保険は、家族間などでや、保険会社を変更する時にそれまでの等級を引き継ぐことが可能です。 これから、その際の注意点や条件を詳しく取りあげていきたいと思います。 ・保険会社の変更をする場合の引継ぎ ご自分が契約している保険会社が変わっても等級を引き継ぐことが可能です。 しかし、「割引だけでなく割り増しにも適用」されてきますので、割り増し状態の方が保険会社を変更しても、新規の6等級になることは出来ません。 これまでの契約が解約や満期などで終了した日の翌日から起算して「7日以内」(保険会社の中には特例として、長期入院など30日以内であるならば等級の引継ぎが可能な場合もありますが)でないといけませ...



自動車保険 等級に関する注意点

自動車保険というものは等級によって、保険料が大幅に変わってくるということをお話してきましたが、その他にもいくつかの注意するべき点があります。 自動車保険に新規で加入する際、6等級からのスタートになりますが、同じ6等級であっても年齢条件によって割り増し率が変わってきます。 運転者年齢 全年齢担保 21?25 26?29 30? 割増・割引    +30%  +10%   0%  -30% 2代目以降の自家用車を購入した際に11等級以上の方が、新たに新規加入として自動車保険へ入る場合には、7等級からのスタートとなり、以下のようになります。 運転者年齢 全年齢担保 21?25 26?29 30? 割...



自動車保険の等級制度概要

自動車保険の等級制度につきましては、たいがいの保険会社で同様のものが採用されています。 等級は1から20までの20段階に分かれており、保障内容が同様であれば等級が高くなるほど保険料の割引率が増大し、結果保険料が安くなる仕組みになっています。 等級 割引率 20  60%引 19  60%引 18  60%引 17  60%引 16  60%引 15  55%引 14  55%引 13  55%引 12  50%引 11  45%引 10  40%引 9  35%引 8  30%引 7  20%引 6  なし 5  10%増 4  20%増 3  30%増 2  40%増 1  50%増 これら...



自動車保険特有の等級制度

自動車保険、生命保険、損害保険、火災保険などなど、多くの方がご存知のとおり多種多様な保険商品が世の中には沢山存在します。 たいていの保険商品は、保障内容をどのようなものにするか等のさまざまな条件を設定します。 とりわけ、人の命に関わる保険商品では加入される方の状態や年齢も加味したうえで、保険料が決定してきます。 自動車保険につきましてもこの例外ではなく、車種や担保(年齢)、用途の条件などによって基本保険料が区分されています。 そして、任意保険である自動車保険の場合ですと、他の保険商品ではみられない様な、とても特徴的な制度も採用されているのです。 その制度こそが「等級(制度)」と言われているもの...




自動車保険の見積
自動車保険の見積時期

では、自動車保険の見積をする時期とはいったいいつになるのでしょうか? 前にお話しましたように、自動車保険の満期2ヶ月前までは当然のことですが、それ以外にも見直しが必要になってくる時期があります。 自動車保険というものは1年に一度期限切れになるものです。 そのような時期に、ただ継続してしまうのではなく改めて加入する自動車保険を、このまま継続してよいものか?他に適した自動車保険もあるのだろうか?といったことを再度見直す必要があります。 自動車保険の会社は、毎年同じ値段が継続するとは決まっておりませんので、今年は1番安かった会社が来年も同様に1番安いというわけではありません。 自動車保険はこのような...



自動車保険 無料一括見積が出来ないケース

自動車保険の無料一括見積の中には、利用が出来ないケースというものも存在します。 このようなケースはそれぞれ自動車保険の一括無料見積のページによってまちまちではありますが、ほとんどのページで一括見積が出来ないというような部分をこれからあげていきたいと思います。 まず、これにあてはまるのは8ナンバーの車です。 対象はキャンピングカーや、改造車等がこれにあてはまります。 それと、自動車保険の一括見積が出来ないケースとしましては1ナンバーの車でも多くみられます。 この対象となっていますのは普通貨物車になります。 自動車保険の一括見積が可能なケースとしましては、車のナンバーが自家用車である3、4、5、7...



自動車保険 見積の際の注意点と用意するもの

自動車保険の見積をする際には事前に、免許証・車検証・保険証を用意しておくと、あなたの情報を入力する際にそれらを見て迅速に入力が出来ますので、とても便利になると思います。 見積入力の前に最低限この3点は、用意しておくことをお勧めいたします。 それと、あなたの車の走行距離も準備として、メモをしておくと良いと思います。 補足として念のために記しますが、これらの3つのものを事前に準備しておけば入力の際に便利ですとお話しましたが、これはもちろんあなたが免許を取得していなければ自動車保険には加入することは不可能ですので、この事もよく覚えておいて頂きたいと思います。 それからインターネットでの自動車保険の見...



自動車保険 一括見積書で比較するポイント

自動車保険の見積につきましては、インターネットを利用する無料一括見積があるということは、十分にご理解頂けた事と思います。 それでは、見積を出してみてその後あなたはどのような点を基準として、自動車保険をお選びになりますか? 見積後のデータを見比べてみても、どのような基準で選べば良いのか・・・と、迷ってしまう方もいらっしゃることと思います。 ここでは、見積データを出した後、区別するには何を基準にしたらよいかをお話ををさせて頂きたいと思います。 無料一括無料サイトにて見積を出してみた後、あなたに適した保険会社から見積が表示されます。 おおまかな見積結果が評で表示されますので、まずは保険金額の確認をし...



自動車保険 無料一括見積の出来る保険会社

自動車保険の無料で出来る一括見積は、インターネット等での見積が可能ではありますが、これは全ての自動車保険会社での見積が出来るという事ではありません。 たいていの無料一括見積に関しましても・・・と、言った方が良いのかもしれないのですが、大きく分けてみますとそれらの保険会社は20社ほどになるようです。 ソニー損保・AIU保険・セコム損保・あいおい損保・三井ダイレクト・日本興亜損保・アクサダイレクト・共栄火災・エース保険・日新火災・ゼネラリ・全労災・チューリッヒ・アメリカンホームファミリー・東京海上日勤・そんぽ24・富士火災・三井住友海上・ニッセイ同和・損保ジャパンなどがあげられます。 皆さんも社名...



自動車保険 インターネット見積基準

最近はインターネットなどでも、無料での自動車保険の一括見積が可能になりました。 無料一括見積と見積の際の基準のポイントについて、ほとんどの自動車保険の無料見積で行なっている流れです。 見積に際し必要になってくるデータは、自分が所有している車両の型式・付加情報・初年度登録年月・車名・希望契約・現契約情報などがあります。 付加情報については具体的に説明しますと、要するにあなたが加入しようとしている保険に対して、これまでに加入していた保険などの履歴(新たに車を購入する/年間走行距離/車の使用頻度など)や、車の仕様(改造を行なっているのかどうかや、安全面ではエアバックやABSが入っているかなど)です。...



自動車保険 見積の格差

自動車保険会社は、1998年に自動車保険の自由化に伴い、それぞれの自動車保険の見積が出きるようになりました。 それ以前はどの自動車保険会社で見積を出してみても、ほぼ横並びの値段で自動車保険の見積での格差はみられませんでした。 ですが、自動車保険の自由化が決定された以降には、それぞれの自動車保険の会社での見積に、様々な条件によっては値段の格差が出てくるようになってきました。 例えを出してみますと見積の際、A社では5万円という見積が出たのに、B社での見積では7万円だったといったような、各自動車保険会社によっての値段の大幅な格差です。 この自由化に伴い自動車保険へ加入する方自身が、見積された値段をふ...



自動車保険の見積について

自動車保険の見積とは一体どのようなものなのでしょうか? 自動車保険というものは、あなたが自動車を購入した場合に、必ず入らなければいけない事になっているものです。 この自動車保険に加入する前には、始めにしなくてはならない必要な手続きがあります。 まず、自動車保険へ加入するためには、あなたが購入した自動車の見積を、自動車保険会社に出してもらうことが必要になります。 これは自動車保険に関わらずあなたが自動車の購入をする際に、その自動車の見積を出してもらうことと同様です。 自動車保険会社は様々なタイプの会社が多く存在しています。 加入を希望されているあなたの条件によっては、それぞれの自動車保険会社ごと...




自動車保険の比較
自動車保険に必要なもの

続きましては、国内損保についてお話していきたいと思います。 自動車保険の消費者のコスト面で、外資系に突かれてしまった国内損保側は、自動車保険の本質といえる事故発生時のサービス面での強化を図った、会社が多かったもようです。 こうしてそれぞれの特徴を比較してみますと、『処理速度の外資系と処理能力の国内損保』といったところが、双方の特徴とも言えるのではないでしょうか。 人によってもそれぞれに自動車保険のとらえ方には違いがあります。 ですので、一概には言えませんが事故発生の可能性が低い場合(運転が得意というより、あまり自動車を運転する機会の無い方など)でしたら外資系の自動車保険。 大きな安心感を自動車...



外資系自動車保険

自動車保険の比較検討をする際には、たいがい『外資系と国内損保』の比較をされる場合が多いようです。 もちろん、自動車保険の充実度というものはそれぞれ違いがありますし、事故にあった際に担当する人の手腕によって大きく左右されるものです。 絶対に上記のような対決(比較)の図式が成り立つというわけではないものですが、個別との差よりもやはり明確であると思います。 まず明確にいえることは、コストの面では無いでしょうか。 保険料の安さが目立つのは、外資系の特徴であるといえるでしょう。 以前にお話しましたような弱点も併せ持ってはおりますが、細かな条件等が発生しない限りは、自動車保険の内容に遜色はみられません。 ...



自動車保険 特約を比較

自動車保険というものは事故に遭ったしまった時のための保障になります。 万が一、そのような事故に遭遇してした場合をふまえて自動車保険会社を選びたいところではありますが、残念ながら細かな内容につきましては契約時にはわかりません。 そこで、自動車保険を比較する際に、特約などにも注目してみてはいかがでしょうか? 通常、事故に遭ったことが無い場合には、自動車保険料は安くなるものです。 これは、いわゆる等級による割引というものになります。 事故に遭った事が無い場合とは、事故に遭ってしまった場合には等級が下がるという事でもあります。 もう少し正しく申し上げますと、事故がありその際に保険を適用した場合という事...



自動車保険 補償内容の比較

誤解されることを恐れずに申し上げますと、結論的には金額が大幅に変わるような自動車保険に「同じ内容」はありません。 リスクが分散型の自動車保険の場合には、単純明快に比較できなくなってしまいます。 これは勉強不足に陥ってしまう要因の一つともいえるでしょう。 自動車保険料の算出は、アクチュアリーと呼ばれている数理のプロが算出していますので、そこに大幅な違いは生じないなずです。 そうであるにもかかわらず、自動車保険の金額がどうして変わってしまうのでしょうか。 そこには、「同じ内容」と錯覚をおこしてしまっても仕方の無いような、リスク分散型独特の特徴がよく現れているといえるでしょう。 自動車保険のリスク分...



わかりずらい自動車保険

あなたの愛車を維持する為にかかる費用の、多くを占めることになるのは自動車保険料だと思います。 お住まいの地域やあなたの条件によりましては、駐車場代よりも自動車保険料のほうが高くなってしまう場合があります。 そうしますと『今支払っている自動車保険料よりも、安い会社があるのでは?このまま今の自動車保険で大丈夫なのだろうか?』などとお考えになられる方もいらっしゃることでしょう。 そのような思いから自動車保険の比較をされることと思います。 そうして他社との見積を出してみた中には、思ってもみなかったような安い会社があるかもしれません。 そんな時、「同じような内容の自動車保険はずなのに、何故こんなに金額が...



自動車保険を比較する前に

自動車保険の比較とはいいましても、それぞれの方で自動車保険を選ぶポイントは違ってくることでしょう。 選択する際にサービスや対応を重視する方もいらっしゃれば、支払う金額に重点をおかれる方もいらっしゃることと思います。 まずはあなたが自動車保険というものに対し何を求めているのか、契約の際に何に重点をおきたいのかを考えて行きましょう。 では例えとしまして、通販契約と代理店契約での比較例を簡単にあげてみましょう。 通販契約の場合には、代理店を通さない分、手数料が不要になるために代理店契約に比べてその分安くなります。 さらに、これは自動車保険会社と契約者との直接契約となりますので、事故等に遭ってしまった...








自動車保険の見積と等級の関係は?トップページ
自動車保険の見積
自動車保険の見積時期

自動車保険の見積をするにあたって、見積を行なう時期というのはいつなのでしょうか? 前にも書いた自動車保険の満期がくる2ヶ月前までにするというのは当然ですが、それ以外に見積の見直しが必要な時期があります。 自動車保険はどこの保険でも1年に一度切れます。 その切り替えの時は同じ自動車保険にまた契約するのではなくもう一度見積を行なって見直す必要があります。 自動車保険の会社は今年ココが一番安く自分の条件に合っていたからといって、来年も同じ保険会社が安くて良いというわけではありません。 ですので、毎年保険が切れる時期が近づいてきたら、同じ保険会社にすると決めてしまう前に見積をすることをお勧めします。 ...



自動車保険 無料一括見積が出来ないケース

自動車保険のインターネット無料一括見積がある保険会社でも利用が出来ないケースというものがあります。 これは各一括無料見積サイトのページにもよりますが、大体のページで一括見積が出来ないケースを上げたいと思います。 まず、8ナンバーの車です。 キャンピングカー、改造車等の自動車が対象になります。 また1ナンバーの普通貨物車も一括見積が出来ないというケースが多くあります。 インターネット無料一括見積が出来るナンバーの車は3、4、5、7ナンバーの自家用車となる車になります。 順に自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用小型貨物車、自家用軽四輪乗用車、自家用軽四輪貨物車などの車種になります。 一般的に...



自動車保険 見積の際の注意点と用意するもの

自動車保険の見積をする場合に、手元に用意しておくものと注意しなければならないことについてあげたいと思います。 自動車保険の見積をする際に免許証・車検証・保険証券を用意しておくとあなたの情報を入力する際にそれをみてすぐ入力出来るので大変便利です。 この3つは最低用意しておく必要があると思います。 それと見積する時点までのあなたの車の走行距離もメモしておくとさらに良いと思います。 補足として、以上の3つものを事前に用意した方が入力が楽だと言いましたが、勿論免許を取得していないと自動車に乗れないので、自動車保険に加入することは出来ないことは覚えておいて下さい。 免許を取得していることが第一条件です。...



自動車保険 一括見積で比較するポイント

自動車保険の見積についてインターネットを使った無料一括見積があり、簡単に見積を出せることはわかって頂けたと思いますが、見積を出したあと、あなたは何を基準にして自動車保険会社を選びますか? 人によってその基準はさまざまですが、その選択を誤ると後で後悔することもあります。 ここでは見積データを見て、何を基準に区別し、保険会社を選べばよいかをお教えします。 自動車保険の無料一括無料サイトで見積を出したあと、あなたの条件にあった保険会社から見積が表示されます。 だいたいの見積結果が表で表示されます。 まずは支払わなければならない保険金額を確認してみましょう。 これは、あなたが見積をする際に入力した情報...



自動車保険 無料一括見積の出来る保険会社

最近では自動車保険の無料一括見積はインターネットなどで簡単に出来ますが、全ての自動車保険会社が無料一括見積を行なえるわけではありません。 どの保険の無料一括見積に関しても、といったほうが良いかもしれませんが、大きく分けると20社くらいが無料一括見積ができる保険会社になります。 全労災・損保ジャパン・そんぽ24・三井住友海上・三井ダイレクト・アメリカンホームファミリー・ソニー損保・日新火災・アクサダイレクト・エース保険・セコム損保・ゼネラリ・チューリッヒ・あいおい損保・東京海上日勤・共栄火災・ニッセイ同和・日本興亜損保・富士火災・AIU保険などが代表にあげられます。 皆さんもよく耳にしたことのあ...



自動車保険 インターネット見積基準

インターネットの普及に伴い、自動車保険の見積はインターネットなどで無料一括見積が可能となりました。 ですから、各自動車保険会社に問い合わせや出向いたりなどせずに自宅のパソコンを利用して自動車保険の見積を行なうことができるようになったのです。 ほとんどの自動車保険が無料見積で行っている、見積基準のポイントと無料一括見積についての流れを説明します。 まず、見積の対象となるポイントは、自分が所有している車両の車名・型式・初度登録年月・付加情報・希望契約、現契約情報などがあります。 付加情報に関して詳しく説明すると、要するにあなたがこれから加入しようとしている自動車保険に対して、今まで入っていた保険な...



自動車保険 見積の格差

1998年に自動車保険の自由化になってから、各自動車保険会社の自動車保険の見積が出来るようになりました。 それまでは、どこの保険会社でも同じで、それほど差がなく、どこで見積をだしてもほぼ一定の値段でした。 しかし、自動車保険の自由化が決定してからというもの、各自動車保険会社で見積をすると、保険加入者の条件によって各自動車保険会社で値段の格差が出てくるようになりました。 例えばA社は8万円という見積が出たけれど、B社では5万円だったといったようにそれぞれ見積もってもらう自動車保険会社によって見積の値段がかわるようになりました。 この自動車保険の自由化によって保険に加入する人が自動車保険の見積をた...



自動車保険の見積について

「自動車保険の見積」とは何のことでしょう? 聞いただけではなんとなくしかわからないと思います。 自動車を購入したら必ず自動車保険に入らなくてはなりません。 事故などのトラブルが起こった時にこの自動車保険に入っていることで、損害が少なくなったりします。 安心して運転するためにも自動車保険には入っておく必要があるのです。 加入する自動車保険会社で自動車保険に加入する前に見積をしなくてはなりません。 この見積は、自動車保険に関わらず、あなたが自動車を購入をしようとした時に出してもらう見積と同じことです。 非常にたくさんの自動車保険会社が存在し、あなたの出す条件によって各保険会社ごとに保険のお値段が変...




自動車保険の等級
自動車保険 等級据え置き事故とノーカウント事故

自動車保険の等級制度について詳しく説明してきましたが、基本的なシステムは「加入者が事故を起こし保険を適用して保険金を受け取ると、等級が下がり保険料が上がる」という仕組みを理解していただけたかと思います。 しかしこれには当てはまらない例外というものがあり、実際に事故を起こして保険を適用しても等級が下がらない特別なケースが存在します。 それが「等級据え置き事故」と「ノーカウント事故」というものです。 「等級据え置き事故」とは一般的には次の事柄が該当した場合に、「翌年も前年と同じ等級が適用」されることになっています。 1.火災または爆発などによる損害 (他物(飛来中または落下中の物を除く)との接触も...



自動車保険 等級の保留

自動車保険の等級を「保険会社を変える場合」や「家族間で引き継ぐ」方法を紹介してきましたが、もう一つ等級のことで忘れてはいけないことがあります。 それが、「中断による等級の引継ぎ」というものです。 海外勤務や国内の転勤・単身赴任などで長期間クルマを手放す場合、契約している保険会社に「中断手続き」を申請すれば、通常で5年間、海外勤務での海外渡航の場合10年間、それまで契約していた自動車保険の等級をそのまま引き継ぐことが可能になります。 自動車保険の「中断手続き」をするには各保険会社が発行している中断申請書というものに必要事項を記入して中断証明を取ればいいのですが、これにもやはりいくつかの注意点や条...



自動車保険 等級の引継ぎ

自動車保険は等級を、保険会社を変える時、または家族間などで引き継ぐことが出来ます。 その際の注意点や条件や詳しくあげて書いていきたいと思います。 ・保険会社を変更する場合の引継ぎ 契約している保険会社を新しい保険会社に変更しても等級を引き継ぐことが出来ますが、「割引だけではなく割増にも適用」されてしまうので、割増状態の人が新しい保険会社に替えても、新規の6等級にはなりません。 割増状態のまま新しい保険会社にうつるということになります。 等級を引き継ぐには、前の契約がの解約や満期などで終了した日の翌日から計算して「7日以内」(長期入院などの仕方のない事などの理由で30日以内なら等級の引継ぎをする...



自動車保険 等級に関する注意点

自動車保険は等級制度の等級によって保険料が大きく変動することを書きましたが、ほかにもいくつかの注意点があります。 自動車保険に新規加入する場合、普通は6等級からスタートし、無事故で等級が上がったり、事故をして3等級下がったりしますが、年齢条件によって同じ6等級でも「割り増し率」というものが変わってきます。 運転者年齢 全年齢担保 21~25歳 26~29歳 30歳~ 割増・割引    +30%  +10%    0%   -30% と、いうような形で割り増し率が変わってきます。 1台目の自動車保険の等級が11等級以上の方が2台目以降の自家用車を購入した時、新たに自動車保険に新規加入する場合は、...



自動車保険の等級制度概要

自動車保険の等級制度は、等級は1から20の20段階に分けられ、保障内容が同じなら、等級が高いほど保険料の割引率が大きくなり保険料が安くなります。 これはほとんどの保険会社で同じものが採用されています。 等級 割引率 20  60%引 19  60%引 18  60%引 17  60%引 16  60%引 15  55%引 14  55%引 13  55%引 12  50%引 11  45%引 10  40%引 9  35%引 8  30%引 7  20%引 6  なし スタートライン 5  10%増 4  20%増 3  30%増 2  40%増 1  50%増 このように、通常、新規で自動車...



自動車保険特有の等級制度

自動車保険、生命保険、火災保険、損害保険など、皆さんもご存知のとおり世の中にはさまざまな保険商品があります。 ほとんどの商品は、どのような保障内容にするかなどの色々な条件を自分で設定し、特に人命に関係する生命保険などの保険商品は、加入者の年齢や状態などを細かく加味することで保険料が決まります。 自動車保険も例外ではなく、車種や用途、担保(年齢)などの条件により基本保険料が区分されています。 しかし、任意保険である自動車保険には他の生命保険や損害保険などの保険商品には無い、特徴的な制度が採用されています。 それが「等級(制度)」と言われているものです。 等級制度とは、無事故を続ける優良ドライバー...




自動車保険の比較
自動車保険に必要なもの

続いて国内損保です。 外資系に消費者の注目するコスト面を突かれてしまった国内損保側は、外資系とはまた違う自動車保険の本質である事故発生時のサービス内容に力を入れる会社が多かったようです。 処理速度の外資系と言われていることから比較すると、処理能力の国内損保といったらよいでしょうか。 自動車保険は人によってとらえ方が違います。 一概にこうとは言えませんが、事故の可能性が薄い、低い場合(運転熟練者というより、余り自動車を利用しない方など)は外資系の自動車保険に加入します。 逆に安心感を求めるなら国内の自動車保険に加入し、事後発生時にそなえます。 一般的にはこのように区分されているようです。 「国内...



外資系自動車保険

自動車保険の比較をする際、一般的に『国内損保VS外資系』をされる事が多いようです。 もちろん個別個別の違いもあれば、自動車保険の充実度は事故時にその事故の処理などをしてくれる担当者が大きく左右するとも言えるので、必ずしも上記の比較(対決?)図式が成り立つわけではありませんが、やはり個別との差よりも明確に比較することができます。 まずはコストの面での比較です。 外資系自動車保険は国内損保に比べて、やはり保険料の安さが目立ちます。 以前書いたような弱点もありますが、事故の際に細かい条件などが発生しなければ保険内容にそれほど差はありません。 元々、横並び式だった国内損保会社の穴を外資系がその穴をつい...



自動車保険 特約を比較

自動車保険は事故などのトラブルに遭遇した時のための保障です。 実際に事故にあった時のことを考えて保険会社を選びたいものですが、細かい補償内容は契約時にはわかりません。 ですからどのように比較したらいいものか悩んでしまうかと思います。 そこで比較する際、「特約」などに目を向けてみてはいかがでしょうか。 新興通販自動車保険会社の中には、「等級プロテクト特約」というものが無い会社があります。 一定期間事故が無ければ自動車保険料は安くなっていくものです。 いわゆる等級による割引というものですね。 事故が無ければ等級が上がるという事は、事故があれば等級は下がるという事になってしまいます。 正確には事故が...



自動車保険 補償内容の比較

まず誤解を恐れずに結論から言ってしまうと、金額の差額が大きく変わる自動車保険に「同じ内容」というものはありません。 リスク細分型の場合、単純に比較できないところが難しく、勉強不足に陥ってしまう要因の一つと言えます。 アクチュアリーと呼ばれる数理のプロが保険料の算出を行なっており、そこに大きな違いというものは生まれないはずです。 それなのに何故金額が変わるのか・・・、そこは「同じ内容」と錯覚してしまっても仕方が無いリスク細分型の性格が表れていると言えるでしょう。 そのリスク細分型というものをしっかり知っておく必要があります。 リスク細分型は簡単に言ってしまえば補償する範囲を狭める事で、その範囲に...



わかりずらい自動車保険

愛車維持費の割合をもっとも大きく占めるのが自動車保険料です。 条件や地域などによっては駐車場代よりも自動車保険料が上回り高い費用がかかる場合があります。 そうなると『今の自動車保険で割に合っているのか、大丈夫なのか、もっと安いところがあるんじゃないか』と考えられる方もいらっしゃることでしょう。 より安く、自分に合った保険をと考える人ばかりだと思います。 高いことしか目につかない自動車保険には入っていたくないものです。 そして自動車保険の比較をされるかと思います。 そして他社の見積もりを出してもらい比較してみるとと、思いのほか今の保険会社よりも安い会社が見つかるかも知れません。 「なんで同じよう...



自動車保険を比較する前に

自動車保険の比較をすると言っても、人によって、それぞれ選ぶポイントは違うものです。 支払額で選ぶか、対応で選ぶか、サービスで選ぶか・・・などさまざまです。 まずは自分が自動車保険を契約するということにあたって、何を求めているか、何を基準にするかを考えてみましょう。 自分の考えを整理することで自動車保険の比較をする際、迷わずにすぐ比較することができます。 自分の希望をしっかりと確認した上で、自動車保険の比較をするようにしましょう。 例えば通販契約と代理店契約とで簡単に比較例をとってみます。 通販系の場合、代理店を通していない分、手数料というものがかからないので代理店契約に比べると安くなります。 ...


スポンサーサイト

«一戸建て | トップへ戻る |  レーシック 北海道について»

お気に入りリンク
ドクターズコスメならラボラボ
中古車検索
にきび跡 対策なら『 ラボラボ 』
BMW 中古車
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。