スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職

エンジニアの転職のポイントトップページ
エンジニア転職・エンジニアの種類

エンジニア転職・ネットワークエンジニア

転職の場合、たいていの職種は経験が求められます。 しかしネットワークエンジニアの需要は、まれに未経験でも採用されるパターンがあります。 しかし、それには、現場に近い経験や知識を習得することが必要になってきます。 現場に近い環境で、体験することでIT業界への壁を低くすることができるのです。 そうすることによって、転職への道も開けてくるというものです。 今では、企業のほとんどが、エンジニア不足で悩まされています。 なので、いい人であれば未経験者でも採用するという企業も少なくはないそうです。 ネットワークエンジニアほどの仕事を未経験から就職できるかどうかは、自分の頑張り次第です。 未経験でも採用され...




エンジニア転職・データベースエンジニア

データベースエンジニアの転職で企業から要求されるスキルはなんでしょうか。 それは、システムを支える大規模なデータベースの構築や運用管理をして、高いパフォーマンスを発揮してもらうことです。 最近、インターネットショッピングというビジネスがかなり成長してきています。 利用したことのある人も多いのではないかと思います。 ここでもデータベースエンジニアは活躍します。 インターネットショッピングを開設するにあたっては、システムに強い人が商売するのではありません。 商売がうまい人が簡単に店を開ける仕組みを作ることが望まれているからです。 ここでは、データベースが重要な役割をもちます。 データベースとは基幹...




エンジニア転職・システムエンジニア

転職する際にシステムエンジニアのスキルを持っていると、仕事の幅が広がります。 企業向けの業務を処理するアプリケーションの設計や開発に当たることが出来るのです。 顧客の要望で、機能を明確にするための仕様書や処理手順を明記した設計書をまとめたりもします。 それに基づいて、Javaなどのプログラミング言語を使ってコンピューター暗号化技術のデファクトスタンダード情報誌も数多くの出版がされています。 しかし企業が転職希望者に求めるものは、システムエンジニアの経験があることです。 経験があれば、転職の際、企業の人材選考においてとても有利な立場になり、採用の際にはそれなりの優遇も期待できます。 さらに、最近...




エンジニア転職・サービスエンジニア

サービスエンジニアの主な業務内容は、導入後のユーザーへの機器の取り扱いの説明や、技術指導やメンテナンス。 他に新規導入や更新に伴う調整などを行います。 アフターサービスを行う中で要望や感想を聞きだすことはとても大事なことです。 その要望や感想が次の製品開発に重要な情報となるのです。 よって、サービスエンジニアの仕事は重要な役割を担う職種と言えます。 サービスエンジニアの手腕は、やはり口です。 話す言葉ひとつで相手に与える印象はガラリと変わってしまいます。 普段の生活でも、言い方ひとつで・・・と思う場面はよくあるでしょう。 サービスエンジニアはその言葉の印象が、個人ではなく会社に向けられることに...




エンジニア転職・セールスエンジニア

セールスエンジニアという職種の主な業務は、各企業が取り扱う製品や、システムの技術的な知識をもとに、対法人へのプレゼンテーションや販売促進活動を行っていくことです。 転職する際には、これらの業務内容に関してのことをよく学んでおく必要があります。 ただ、各製品の技術的な知識は企業に入ってから学んでいくことは可能です。 なので、これに関して、学んでおくことが必ずしも必要とは限らないのです。 むしろ、入ってから学んでいってくれという企業も多いようです。 やはり、会社によってやることは外から見てても分からず、会社によってやり方も違うのです。 外から学んだことを活かすのはなかなか難しいことなのかもしれませ...




エンジニア転職・エンジニアとは

「エンジニア」という用語はよく聞くことがあるでしょう。 しかし、エンジニアの種類にはどんなものがあるかと問われると、ピンとこない人は少なくはないと思います。 エンジニアの転職というものは、さまざまな種類があります。 セールスエンジニアやサービスエンジニア、システムエンジニア、データベースエンジニア、ネットワークエンジニアなどです。 一概にエンジニアといっても、多岐にわたってたくさんの職種があります。 転職に関して言うと、最近はデータベースエンジニアやネットワークエンジニアなどが人材不足になっています。 なので、企業は募集を積極的に行っています。 中には、スキルがなくてもいい、こちらでスキルアッ...




エンジニア転職・エンジニアの最新動向

エンジニア転職・エンジニアとシンクタンク

シンクタンクとは、種々の分野の専門家を集め、国の政策決定や企業戦略の基礎研究、コンサルティングサービス、システム開発などを行う組織、頭脳集団という意味です。 これをふまえた上で、「転職におけるエンジニアのシンクタンク」とは、いろいろなエンジニアの分野の専門家を集めて、企業戦略の基礎研究、システム開発、コンサルティングサービスなどを行う、エンジニアの組織でエンジニアの頭脳集団ということになります。 この頭脳集団への転職というわけです。 シンクタンクとコンピューターメーカー大手の戦略子会社への転職を希望している人は、しくみを理解している必要があります。 成功の秘訣は、どこの会社がどこへ出資している...




エンジニア転職・エンジニアとIT、ソフトウェア

転職でITやソフトウェアのエンジニアの仕事をしてみたいと考えている人はいるでしょうか。 市場は拡大の一途を辿っています。 今はまさに成長期なのです。 なので、一度覗いてみても面白いかもしれません。 IT、プログラミングやソフトウェア、エンジニアというとどこか、オタク・アキバというイメージがあるかもしれません。 しかし、市場は拡大し続け、需要も急激に伸びているこの時代。 そういうイメージでITやソフトウェアの仕事を見るのはもう時代遅れと言える段階に来ているのかもしれません。 顧客の状況や問題点を的確に捉える力が必要になってきます。 様々な視点から必要な技術や知識が求められるのです。 このITやソ...




エンジニア転職とインターネットビジネス

転職してエンジニアになり、インターネットビジネスをするということは歴史的にはまだ浅いです。 なので、安定した企業に就きたいとなると、企業を選ぶ上では目のつけどころが重要になってきます。 しかし、いざ自分が見極めようとしても、まず情報材料がありません。 あったとしても、どう見ていけばよいのかわかりにくいので、見極めにくいのが難点であります。 転職をして、いきなりインターネットビジネスを始めるのは、技術革新スピードも速いので、市場もなかなか固まりません。 そのせいか、インターネットビジネスを手がける会社によっては業務の多角化も頻繁に行われているようです。 具体的に業務の多角化とは、ポータルサイトを...




エンジニア転職・エンジニアのインターンシップ

エンジニアへ転職する上で、インターンシップ制度というのがあります。 これは、企業側も働く側も納得しながら出来るお互いにとって有意義な制度です。 インターンシップの推進に当たって、基本的な考え方に基づき、国と各経済団体とで積極的に推進されてきました。 その結果、インターンシップには全国で12万人の大学生が参加するようになりました。 しかしこれは大学生に限ったことではありません。 納得のいくまで就職活動をして、入社から活躍したいと考えている人もいることでしょう。 このような人は、インターンシップに挑戦することはとても有効な手段だと思われます。 もちろんインターンシップは一つまでということはありませ...




エンジニア転職とエンジニア不足

日本の企業は深刻なエンジニア不足に悩まされています。 そこで、転職者でも未経験者でもそこから育てて、エンジニアにしてしまおうと強引に考える企業も少なくないようです。 ではエンジニア不足はどうして起こるのでしょうか。 まず、3000万世帯のサポートを行う場合、100件に1人のネットワークエンジニアがついたとしても30万人のネットワークエンジアが必要な計算になります。 この数だけでも不足するのが分かるような気がしますね。 しかし、さらにサポート体制においても日本では日本語でサポートしなければなりません。 となれば、当然日本人がこれをしなければならないので、海外へは委託できないという現状があるのです...




エンジニア転職・エンジニアの転職のポイント

エンジニア転職・エンジニアの仕事の見つけ方

転職によるエンジニアの仕事の見つけ方とはどういったものでしょうか。 転職情報サイトで閲覧して、求人情報をチェックします。 便利なところでは、求人サイトから直接応募できる場合も多く存在します。 これにより気楽に応募する事が出来ます。 しかし、安易な考えで応募し、返答が来ていても気づかずに放っておいてしまうこともあります。 これでは応募した意味がありません。 気軽に応募できるからといって、なんでもかんでも応募してしまうといったことは控えましょう。 しかしこれは求人をしている側にも問題があるのです。 サイトでメンバー登録のようなものをしてください、ということからいくつも求職者側は気楽に登録してしまう...




エンジニア転職・エンジニア退職の仕方

エンジニアなどに転職する際に、現在勤務している会社を円満退社をするための説明をします。 この順序は蟠りを残さないためにも必要不可欠と言えます。 3ヶ月ほど前に、家族などと話し合い、転職することに対して同意を得ましょう。 同意を得ることができたならば、直属の上司に退職の意思を伝えます。 2ヶ月ほど前になったら、上司と相談して退職日を決めていきます。 そして退職願を提出します。 1ヶ月前に引継ぎのマニュアルを作ります。 後任者にしっかりと業務の引継ぎを行います。 そして取引先へのあいさつ回りをしていきます。 1週間前までには自分の担当していた仕事を終わらせましょう。 退職後の連絡先などを上司や後任...




エンジニア転職・エンジニア職務経歴書の書き方

エンジニアで転職を希望する人に、職務経歴書の書き方について説明します。 まず、紙は通常のA4サイズかレターサイズが良いとされています。 この際に感熱紙は避けましょう。 記入に関しては、手書きより、パソコンで見やすく打つのが良いとされています。 しかし、企業によっては手書きを用いた方が良いという声もあるので、一概には言えません。 事前に確認しておきましょう。 現在の段階で、職歴で必ず必要な事項というのがあります。 それは、これまで勤めてきた会社や部署名、役職などのことや実際の仕事の内容とそこでの達成したことです。 企業が中途採用するかどうか判断する基準は、即戦力になるのかどうかといったところです...




エンジニア転職・エンジニアの職務履歴書

転職する時に、エンジニアの場合に限らず、職務経歴書を書いて提出するという方法をとるのは普通のことです。 しかし、かつては、特定の職種以外では、公的な職業安定所でのみ就職の斡旋をすることができないと法律で定められていました。 そのため、民間の人材紹介では斡旋することが許されていない期間が長く続いていました。 しかし、時代の流れにより、外資系の人材会社が日本に入ってきたことで変わったのです。 はじめてアメリカ流のレジュメと呼ばれる職務経歴書を提出したことがきっかけで職務経歴書を書く頻度が近年増えてきたのです。 最近では、特にエンジニアにおいては履歴書よりも職務経歴書の方を重要視する傾向が強まってい...




エンジニア転職・エンジニア説明会

エンジニアで転職したい人のために向けて説明会というのがあります。 これは会社が説明会で説明を聞いてもらって、それから入社へ導くといったものです。 会社側が積極的に人材を求め、説明会で話した後、すぐにでも面接にいこうというような勢いで説明会に出向いている会社も多くあります。 ここで注意しておきたいのは説明会をやっていない会社もあります。 事前に調べておくことが必要です。 こういった転職するための説明会は、エンジニアだけのものではありません。 どんな会社でもそうですが、会社にとっても人材確保する上での必要不可欠なことです。 説明会というのはそういう意味では、死活問題にも発展しかねない重要な位置づけ...




エンジニア転職・エンジニアの面接

転職する際には、色々な試練が待っています。 その試練の中には、面接があります。 では、エンジニアで転職するにあたって、面接でどういった質問をされるのかをご紹介していきます。 転職時の面接で聞かれる質問として、転職先の給料はどう思うかと聞かれる場合があります。 この質問に対しては「募集要項に書かれた額で十分です。」と答えるのが無難なところです。 この質問の会社側の意図としては、志望動機が給料にあるのか聞きたいためや、他社と比較してどう感じているのか聞きたいということがあります。 なので、「募集要項に書かれた額で十分です。」というのが望まれる答えなのです。 また、「仕事とはあなたにとっては何ですか...




エンジニア転職・エンジニア登録の仕方

転職するにあたり、エンジニア系の仕事をしたい人には人材派遣などへの登録の仕方は、色々なところがあります。 しかし、まずはキャリアカウンセリングを行うことをオススメします。 キャリアカウンセリングとは、将来のことで悩んでいる人、現状のエンジニアの仕事をしている上での意義が見出せず、悩んでいる人などが相談するということです。 このようなキャリアカウンセリングを行っている相談所は今では数多くあります。 特に悩んでいる人は、一度相談してみるといいです。 相談に行くと、カウンセリング後に、継続的にカウンセリングを受け続けるが可能です。 他にも、登録して案件の紹介や正社員への転職を希望すると言う選択肢もあ...




エンジニア転職・エンジニアとSOHO

エンジニア転職・エンジニアのいきつくところ

エンジニアの転職の行き着く先。 それは、大方は仕事と仕事場のイメージとシステムエンジニアになれるかということや自分のステータスをどうしたいかによるところだと思われます。 エンジニアとして大成したいのならば、やはりシステムエンジニアを目指し、会社まで起こせるくらいに成長することです。 また、システムエンジニアまで上り詰め、そのあとSOHOで独立を目指し、何でもできてしまうというスペシャリストになるという道もあります。 これもまた、望みたいところでもあると思います。 もちろん決して簡単なことではありません。 しかし、向上心を芽生えさせることで目標や夢に近づく努力ができます。 具体的には、専門学校へ...




エンジニア転職・エンジニアとSOHO

エンジニアの中でも転職をきっかけに、SOHOを始める人も最近では多く見られるようになってきました。 インターネットなどでもSOHOという用語をよく見かけるようになってきたのではないでしょうか。 在宅ワーカーと呼ばれる人たちの中には転職を機にSOHOを始めた人や、転職しなくても今の仕事をしつつ、副業でかじる程度のつもりでSOHOをしてみたという人もいると思います。 敷居も低く誰にでも入れる空間となってきているのです。 在宅ででき、とても始めやすく、気軽にチャレンジできるような印象があるかと思います。 しかし、100%安全、安心とはいきません。 SOHOの危険性は、やはり相手を信用に足る者なのかど...


スポンサーサイト

«転職 | トップへ戻る |  転職»

お気に入りリンク
ドクターズコスメならラボラボ
中古車検索
にきび跡 対策なら『 ラボラボ 』
BMW 中古車
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。