スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職

ITへの転職のポイントは?トップページ
IT業界で求められる資格は?UMLモデリング技能認定試験

IT業界で求められる資格は?UMLモデリング技能認定試験

2:L2 UMLモデルの読み書きが普通に可能となる。 他者のモデルの意味を理解することが可能で、開発範囲の一部を担当し、モデリングを行うことができる。 3:L3 実務でモデリングが可能。ビジネスモデリング、分析、アーキテクチャ設計、組み込み開発を行うために必要とされる専門的な知識を有し、拡張性や変更容易性の点で高品質なモデルを定義することができる。 4:L4 実践に基づいてのモデリング指導が可能。 L3のスキルを有し、そして開発プロジェクトにおいてモデリングを一定数、あるいは一定期間実践した経験を持っている。 受験資格は特にありません。 試験はL1T1科目は11月、L1T2科目は3月、L2は1...




IT業界で求められる資格は?UMLモデリング技能認定試験

どんな資格? UMLモデリング技能認定試験とは、国際規格であるモデリング言語(UML)を使った、モデリング能力を測る認定試験です。 モデリング言語とは、ソフトウェアの設計図を作成する際の表現技法です。 今までバラバラだったモデリング言語を統一し、仕様書の理解・情報共有をスムーズにするために、国際規格であるUMLの導入が業界規模で進んでいます。 UMLモデリング技能認定試験は2003年に登場した新しい資格で、そのレベルはL1?L4の4段階に分かれています。 尚、現時点で受験できるのはL1とL2のみのようです。 では、各レベルについて順番に紹介して行きます。 1:L1 簡単なUMLモデルの意味が理...




IT業界で求められる資格は?ソフトウェア開発技術者

IT業界で求められる資格は?ソフトウェア開発技術者

受験資格は特にありません。 試験は午前1回と午後2回に分けて行われ、その詳細は下記の通りです。 1:午前  9:30?12:00(150分)多肢選択方式(四肢択一)80問出題中80問解答 2:午後1 13:00?15:00(120分)記述式6問出題中6問解答 3:午後2 15:30?16:30(60分)記述式1問出題中1問回答 試験は春と秋の年2回実施されます。 受験料は5100円です。 大体6割正解が合格のボーダーラインのようです。 問い合わせ先は、独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者センター(http://www.jitec.jp/)です。 資格に対して手当てが出るかどうかは会社...




IT業界で求められる資格は?ソフトウェア開発技術者

1:ネットワーク、データベース、システム構成などの情報技術に関して全般的な知識を持ち、上位技術者の指導を得て情報システムの設計を行うことができる。 2:内部設計書とプログラム設計書を作成できる。 3:プログラミングに求められる高度な論理的思考が可能である。 4:ネットワークやデータベースなどに関する実装技術を持っている。 5:1つ以上のプログラム言語の仕様を熟知していて、その言語を利用して効果的なプログラムの開発ができると同時に、基本情報技術者を指導することも可能である。 6:プログラムをテストする手法を熟知していて、単体テスト・結合テストの計画と管理、そしてテストの実施に関して、プログラム開...




IT業界で求められる資格は?上級システムアドミニストレータ

IT業界で求められる資格は?上級システムアドミニストレータ(続き)

受験資格は特にありません。 試験内容は下記の通りです。 1:午前  9:30?12:00(150分)多肢選択方式(四肢択一)80問出題中80問解答 2:午後1 12:10?13:40(90分)記述式4問出題中3問解答 3:午後2 14:10?16:10(120分)論述式(小論文)3問出題中1問解答 試験は年1回10月に実施されます。 受験料は5100円です。 問い合わせ先は、独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者センター(http://www.jitec.jp/)です。 尚、初級システムアドミニストレータは利用者の立場に立った資格です。 情報セキュリティアドミニストレータという情報に特...




IT業界で求められる資格は?上級システムアドミニストレータ(続き)

4:他社状況と市場状況を踏まえて、自企業・組織の現状や業務を正しく分析し、問題点を明確化できること。 5:問題点を整理し、優先順位を考慮した解決策の策定が可能であること。 6:解決策に関する費用対効果分析とリスク分析を行い、その結果を経営層に対して説明を行えること。 7:解決に関する業務、組織、システムの設計を行い、それを実現できること。 8:解決策に対する目標と評価基準を設定し、その達成度の評価を行うことが可能なこと。 9:計画に対して管理を行い、必要に応じて適切な対応策をとれること。 10:システムの活用において、イントラネットを活用した情報発信の促進、情報の質的向上を図るなど、情報技術を...




IT業界で求められる資格は?上級システムアドミニストレータ

どんな資格? 業務遂行側に立って、業務革新の提案、情報システムの実現、新システムの活用・評価を担います。 情報化戦略が経営戦略を実現させる上で主要な役割となっている現在において、上級システムアドミニストレータは重要な立場にあります。 それだけに幅広い知識・経験・実践能力が要求されます。 その技術水準は以下の通りです。 1:電子商取引などの情報技術を活用した最新経営技術動向と情報技術動向を理解し、業務モデル変革に関する企画を立案できること。 2:業務モデルの策定と理解に対して、幅広い視点から、全体としての最適なソリューションを考えることが可能であること。 3:情報システムの提供者側との検討の場に...




IT業界で求められる資格は?初級システムアドミニストレータ

IT業界で求められる資格は?初級システムアドミニストレータ(続き)

7:情報化推進のための話し方や文書の書き方、ビジュアル表現方法に関する知識があること。 受験資格は特にありません。 試験は4月と10月の年2回実施されます。 受験料は5100円です。 試験内容は以下の通りです。 1:午前 9:30?12:00(150分)多肢選択方式(四肢択一)80問出題中80問解答 2:午後13:00?15:00(150分)多肢選択方式7問出題中7問解答 問い合わせ先は、独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者センター(http://www.jitec.jp/)です。 情報セキュリティアドミニストレータ どんな資格? 情報セキュリティに関する全ての段階を、様々な視点から...




IT業界で求められる資格は?初級システムアドミニストレータ

どんな資格? 担当する業務の情報化を利用者の立場から推進します。 そのために、以下の知識・技能が要求されます。 1:仕事の進め方を把握し、改善策を提案するために必要なシステム思考能力、DFD、ワークフローなどの手法や、コンピュータの活用法に関する知識を有すること。 2:情報システムの開発と利用におけるヒューマンインタフェースの設計とテスト、システム運用に関する知識・技能を持つこと。 3:パソコンやネットワークに関する基礎知識を有すること。 4:業務において表計算ソフトやデータベースソフトなどのツールを操作し、活用できること。 5:パソコン導入・運用・管理における実務的な知識と技能を有すること。...




IT業界で求められる資格は?情報セキュリティアドミニストレータ

IT業界で求められる資格は?情報セキュリティアドミニストレータ(続き)

試験内容は以下の通りです。 1:午前  9:30?11:10(100分)多肢選択方式(四肢択一)55問出題中55問解答 2:午後1 12:10?13:40(90分)記述式4問出題中3問解答 3:午後2 14:10?15:40(90分)記述式2問出題中1問解答 尚、情報セキュリティに関する全ての段階とは企画・実施・運用・分析など、様々な視点とは物理的・人的・技術的観点を言います。 問い合わせ先は、独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者センター(http://www.jitec.jp/)です。 試験勉強は、大体毎年似たような問題が出るので、過去の問題を6?8期分解くと良いと言われています。...




IT業界で求められる資格は?情報セキュリティアドミニストレータ(続き)

情報情報セキュリティ管理の現場責任者として仕事をするので、以下の幅広い実践力が要求されます。 1:情報資源の洗い出し、脅威分析、リスク分析を行い、情報セキュリティポリシーを策定することが可能であること。 2:情報セキュリティポリシーに従い、その実現のための選択と適用、運用に関するガイドラインの策定、また一般利用者教育を行えること。 3:セキュリティ侵犯がないか常に監視し、侵犯が発生した際には適切な対策を講じることが可能であることと、情報セキュリティポリシー策定時のレベル維持のために適切な措置を行えること。 4:セキュリティ侵犯に対する原因を追求し、改善策の策定を行うことが可能なこと。 受験資格...




IT業界で求められる資格は?システム監査技術者とシステムアナリスト

IT業界で求められる資格は?システムアナリスト

どんな資格? 経営戦略に基づいた情報戦略立案と、システム化全体計画及び個別システム化計画の策定を行う国家資格です。 資格保持者には、計画立案者の立場から情報システム開発プロジェクトを支援し、その結果を評価することが求められます。 受験資格は特にありません。 試験は年1回10月に実施されます。 受験料は5100円です。 試験内容は以下の通りです。 1:午前  9:30?11:10(100分)多肢選択式(四肢択一)55問出題中55問解答 2:午後 12:10?13:40(90分)記述式4問出題中3問解答 3:午後 14:10?16:10(120分)論述式(小論文)3問出題中1問解答 問い合わせ先は...




IT業界で求められる資格は?システム監査技術者(続き)

3:ビジネスアプリケーションが適応される業務プロセスの現状に関して、その問題点を発見し、さらに、問題点を分析・評価するための判断基準を自ら形成できること。 4:監査結果を論理的に矛盾のない報告書にまとめて、説得力のある改善勧告を行えること。 5:監査の実施に当たって必要となる情報技術及びその技術動向を理解できること。 6:外部環境の変化を捉えて、組織の将来像を描き出せること。 受験資格は特にありません。 試験は年1回4月に実施されます。 受験料は5100円です。 試験の内容は以下の通りです。 1:午前  9:30?11:10(100分)多肢選択式(四肢択一)55問出題中55問解答 2:午後 1...




IT業界で求められる資格は?システム監査技術者

どんな資格? 組織や企業において情報処理システム全体の監査を行うための国家資格です。 この資格を持つ人には、情報システムが経営に貢献しているかどうかを、被監査部門から独立した立場から、総合的に調査することを求められます。 その際は、トップマネジメントの視点を持って、安全性・効率性・信頼性・可用性・機密性・保全性・有用性・戦略性など幅広い側面から調査をしなければなりません。 また、問題点について説得力のある改善勧告を行える能力が必要です。 求められる技術水準 1:ビジネス要件や経営方針に合致した監査計画の立案ができること。 2:情報システムの企画・開発・運用において、効率的な監査手続の実施可能な...




転職を希望する企業を探すことから応募までの流れ

転職を希望する企業を探すことから応募までの流れ その6

よくある質問に対して、マニュアル通りの答えるのはマイナスです。 面接官に突っ込まれた時に狼狽えないように、自分の言葉で答えることが大切です。 面接の最後に「何か質問はありますか?」と聞かれた時、「何もない」と答えるのはマイナス評価に繋がります。 この時、「会社の中を見学できますか?」と質問することで、合否を推測することが出来ます。 許可がもらえれば合格の可能性は高く、拒否されると低くなります。 面接が終わった後は、「お礼状」を出しましょう。 面接をしてくれたことへのお礼と、入社への意欲を書くと良いです。 面接に行く前に準備しておき、帰りに投函するとスムーズです。 指示がなくても常識的な心遣いが...




転職を希望する企業を探すことから応募までの流れ その5

●面接 面接は合否を左右する重要なポイントです。 キャリアやスキルに自身が合っても、人間性に問題ありと判断されたら採用はされません。 応募前と書類作成の際に収集した情報を元にしっかりと準備をしてから臨みましょう。 服装や髪型は第一印象を決定する大きな要因の1つです。 ドアを開けてから腰掛けるまでの間に採否の判断を下す担当者もいますし、会社の敷地に入った時点で見られていることもあります。 服装だけでなく行動にも注意しましょう。 車で面接会場に行った場合、運転や駐車のマナーで面接を受ける前に不採用が決まったと言う話もあります。 面接そのものの注意点はどの企業を受ける際も同じです。 面接の場所での給...




転職を希望する企業を探すことから応募までの流れ その4

●職務経歴書 履歴書に加えて、今までの実績、経験、スキルなどをアピールする書類です。 自身の経験やスキルをアピールできる書類なので、応募に必要とかかれていなくても用意しましょう。 IT業界では専門性を問われます。 携わった業務内容を詳細に記述し、プログラミング言語、OS、資格、スキルは具体的にかきましょう。 数値で表せる実績があれば数値で表し、その業務で何を学んだのか、これから何をしたいのかを書くと熱意が伝わます。 実績などは数字にすると伝わりやすくなります。 また、一般的でない専門用語の使用は避けましょう。 採用の担当者がIT業界の専門家とは限りません。 ●送付状(添え状) 履歴書・職務経歴...




転職を希望する企業を探すことから応募までの流れ その3

希望の条件と合致する企業が見付かったら早速応募しましょう。 面接の前に書類選考がある場合、採用の担当者に「この人にぜひ会ってみたい」と思わせる書類を作ることが必要です。 IT企業に限ったことではありませんが、基本的な注意点をお知らせします。 ●履歴書 自分のプロフィールと、応募動機・趣味などの人柄を伝える書類です。 基本的には手書きですが、パソコンのスキルをアピールするためにエクセルなどで作っても良いでしょう。 空欄や誤字脱字がないこと、修正液は使わないことは基本です。 職歴は職務経歴書に詳しくかけば良いので、履歴書では簡潔にまとめておけば構いません。 最も重要になる志望動機は、ありきたりな言...




転職を希望する企業を探すことから応募までの流れ その2

社会人としての経験を積んでいる30代から40、50代の場合、資格や熱意より「実務経験」が重要になって来ます。 「この仕事がしたい」という希望ではなく、「この仕事ができる」という考え方で仕事を探すと良いでしょう。 企業が人材を育成するのは35歳まで、という説もあります。 ですから、実際に自分の能力と希望の分析をしておくことも大切です。 自分の希望する職種や業種を、能力の「できる」「できない」と、希望の「やりたい」「やりたくない」の観点から分析していきます。 例えば、開発エンジニアの職種ならば、オープン系開発、Web系開発、制御系開発、ネットワークエンジニアといった広い範囲の職種があります。 そし...




転職を希望する企業を探すことから応募までの流れ

転職することを決めたら、インターネットや求人雑誌、ハローワークなどで求人情報で転職したい企業を探しましょう。 そして応募したい企業を見付けたら、年令やスキルや経験が採用条件に合うかどうか調べましょう。 就職活動を開始する前に、自分自身の能力と希望を整理しておくことが大切です。 企業に応募する際、必ず必要になるのが「応募動機」ですが、求職者の年令によって重点を置くアピールポイントが変わって来ます。 新卒あるいは第2新卒のような20代前半の人材が就職・転職するときには「この業界でこんな仕事をしてみたい」という願望や熱意があれば、スキルや経験が不足していても採用されることが十分にあります。 これは、...


スポンサーサイト

«転職 | トップへ戻る |  転職»

お気に入りリンク
ドクターズコスメならラボラボ
中古車検索
にきび跡 対策なら『 ラボラボ 』
BMW 中古車
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。