スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職

IT分野への転職のポイントは?トップページ
転職の情報収集

転職に求められること

転職の際に求められることとは、何といっても「即戦力」でしょう。 これは何もITに限ったことではありません。 どのような企業でもどのような職種でも、共通して言えることでしょう。 それまで働いていた会社でのスキルを活かして、それを転職先で発揮するという、そんな即戦力を企業は求めているのです。 もちろん、職種によって求められるスキルも異なってきます。 しかしながら、求められるスキルは違うとしても、企業が最も欲しがる人材は、即戦力になる「若年層」です。 IT関連の企業においては、24才から35才位までの若い転職者が必要とされています。 また、一口にITと言っても、その職種はいろんなものがあります。 シ...




転職の情報収集

転職を考える場合、事前の情報収集はとても重要です。 転職の情報収集がきちんとできているかどうかが、その転職の成功を左右すると言っても過言ではないかもしれません。 現在の仕事をこなしながら転職のための情報収集をすることは、時間的に厳しいという人も多いことでしょう。 でも、転職した後から「こんなはずではなかった」と情報収集不足を後悔するよりは、事前にしっかりとリサーチをしておきたいものです。 転職雑誌などからの情報収集も大事ですが、可能であれば、実際に自分の希望している業界で働いている人と話をしてみるのが一番でしょう。...




転職・システムエンジニアとは

転職・システムエンジニアに役立つ資格

転職にとって重要な、システムエンジニアに役立つ資格としては、以下のようなものがあります。 ソフトウェア開発技術者やアプリケーションエンジニア、テクニカルエンジニアなどの国家資格や、マイクロソフトのMCPやオラクルマスターなどベンダー系(ベンダ系)の資格があります。 IT関連のSE(システムエンジニア)に必要なのは、まずは開発・管理するシステムの環境についての資格を取得することです。 一度資格を取得すれば、すぐに仕事に生かすことができますので、転職する際に、給与などの待遇面で差が出てくるのです。 これらの資格を取得するためには、講座を受講したり、専門の学校に通ったりして、SE(システムエンジニア...




転職・システムエンジニアとは

転職情報サイトなどで人気の高い職業の一つにシステムエンジニアがあります。 システムエンジニアとはシステム設計や分析などを行う技術者です。 コンピュータプログラミングの技術が必須であるため、プログラマーから転職してシステムエンジニアになるケースも多いようです。 転職によってシステムエンジニアとしてのキャリアアップを狙う人もいます。 チームで働くことになるので、転職してシステムエンジニアを目指す場合には、協調性や調整能力なども求められることになります。 就職・転職の際には、システムエンジニアに必要な技術を専門学校などで履修していれば有利と言われています。...




転職・プログラマーとは

転職・プログラマーに役立つ資格

転職にとって重要なプログラマーに役立つ資格としては、以下のようなものがあります。 基本情報技術者などの国家資格、派遣案件において必要とされる開発言語に応じたJavaのようなベンダー系資格のほか、XMLマスターのような非ベンダー系の資格が存在します。 IT関連のプログラマーに必要なのは、まずはプログラミングの開発言語を熟知することが必要です。 その上で資格を取得することができれば、すぐに仕事に生かすことができますので、転職する際に給与などの待遇面で差が出てくるのです。 これらの資格を取得するためには、講座を受講したり、専門の学校に通ったりして、プログラマーに必要なプログラムの動作環境や用語などを...




転職・プログラマーとは

プログラマーとは、プログラミング言語を駆使してコンピュータプログラムの設計やコーディングを行う技術者です。 転職情報誌などにはプログラマーの求人が数多く掲載されています。 研修期間が設けてあり、経験ゼロでも転職してプログラマーを目指せる求人などもあるようです。 転職してプログラマーとして活躍するために特別な資格などは必須条件ではありませんが、専門学校や大学などで知識をつけておくと、転職後のプログラマーとしての業務がスムーズにいくはずです。 転職を重ねてプログラマーとしてのキャリアを積み、フリーで活躍するという道もあります。...




転職・システムアドミニストレーターとは

転職・システムアドミニストレーターに役立つ資格

転職にとって重要な、システムアドミニストレーターに役立つ資格としては、以下のようなものが挙げられます。 経済産業省認定の報処理技術試験の国家資格や、マイクロソフトのMCPのベンダー系の資格のほかに、CompTIA A+やCCNAなどの資格もあります。 資格を取得すれば、すぐに仕事に生かすことができますので、転職する際に給与などの待遇面で差が出てくるのです。 これらの資格を取得するためには、専門の学校に通ったり講座を受講したりして、IT関連のシスアド(システムアドミニストレーター)に必要なハードウェア・ソフトウェアの知識やそれを教える能力、重要なサーバを構成する能力のほかに、ネットワークとネット...




転職・システムアドミニストレーターとは

転職希望者の多い職種の一つであるシステムアドミニストレーターとは、企業の情報システム作りに携わり、業務の効率化を図る仕事です。 転職でシステムアドミニストレーターとしてのキャリアを積んでいくには、国家資格の取得は必須でしょう。 多くの転職希望者が、初級・上級のシステムアドミニストレーター資格を目指しているようです。 上級に合格するにはリーダーとしての幅広いスキルが必要なため、転職でシステムアドミニストレーターとしてキャリアアップしたい人には、この資格は転職を有利に進めシステムアドミニストレーターとしての能力をアピールする武器となってくれそうです。...




転職・ネットワークエンジニアとは

転職・ネットワークエンジニアに役立つ資格

転職にとって重要な、ネットワークエンジニアに役立つ資格としては、以下のような資格が挙げられます。 テクニカルエンジニアの国家資格やシスコ認定資格のCCNAやCCNP、LPICのほかに、マイクロソフト認定資格のMCPなどがあります。 まずは、MCPとCCNAといった資格を取得することを目標として取り組むと良いでしょう。 一度資格を取得することができれば、すぐに仕事に生かすことができますので、転職する際に給与などの待遇面で差が出てくるのです。 これらの資格を取得するためには、講座を受講したり、専門の学校に通ったりして、ネットワークエンジニアに必須な知識を身につけることが必要です。 IT関連のネット...




転職・ネットワークエンジニアとは

需要が高く転職業界で人気のあるネットワークエンジニアとは、ネットワークの設計、運用、管理を行なう仕事です。 転職でネットワークエンジニアとしてステップアップしたいなら、資格取得がお勧めです。 転職に有利なネットワークエンジニア関係の資格には、MCPやCCNAなどがあります。 基本的にはチームでの仕事になるためキャリアの浅い人にも働く場はありますが、転職でネットワークエンジニアとして飛躍したいならスキルを磨く必要があるでしょう。 資格があれば、転職活動の場でネットワークエンジニアとしてのスキルをわかりやすく伝えることができるはずです。...




転職・プロジェクトマネージャーとは

転職・プロジェクトマネージャーに役立つ資格

転職にとって重要な、プロジェクトマネージャーに役立つ資格としては、以下のような資格が挙げられます。 プロジェクト管理技法の国家資格や、PMIなどの資格があります。 このPMIの受験資格としては、3年以上のプロジェクトマネージャーの経験が必要となっています。 ただし、転職においては、資格の有無よりもスキルや人間性などが重要視されてきます。 したがって、管理技法の習得とともに、コミュニケーション能力なども習得していくと良いでしょう。 一度資格を取得すれば、すぐに仕事に生かすことができますので、転職する際に給与などの待遇面で差が出てくるのです。 これらの資格を取得するためには、講座を受講したり、専門...




転職・プロジェクトマネージャーとは

職務の性質上、転職は難しいとも言われているのがプロジェクトマネージャーです。 プロジェクトマネージャーとは、1つのプロジェクトを手がける責任者です。 転職でプロジェクトマネージャーを目指すなら、PMPなどの資格があると有利でしょう。 ただし、実際の転職では、プロジェクトマネージャーにはリーダーシップやコミュニケーションスキルなども要求されることが多いものです。 転職の面接などでは、プロジェクトマネージャーとしての幅広い知識や常識をアピールすることが大切でしょう。 転職は困難との声もあるプロジェクトマネージャー職ですが、本人の努力次第でさまざまな可能性が広がってくるものです。...




転職・プリセールスエンジニアとは

転職・プリセールスエンジニアに役立つ資格

転職にとって重要な、プリセールスエンジニアに役立つ資格としては、以下のような資格が挙げられます。 シスコ技術者認定や、オラクルマスタープラチナなどがあります。 IT業界では、プリセールスエンジニアにとって重要なのは、資格よりもスキルだと言われています。 どの企業も転職者に対して、5年以上の経験を必須としています。 とは言っても、資格を取得することができれば、すぐに仕事に生かすことができますので、転職する際に給与などの待遇面で差が出てくるのです。 これらの資格を取得するためには、講座を受講したり、専門の学校に通ったりして、プリセールスエンジニアにとって必須な知識を身につけることが必要です。 IT...




転職・プリセールスエンジニアとは

転職者数が増加傾向にあるプリセールスエンジニアとは、販売前の顧客に対して技術的な説明などをする仕事です。 転職情報誌などではプリセールスエンジニア、またはプリセールスコンサルタントなどと表現されることがあります。 転職してプリセールスエンジニアを目指すには、営業マンからの転身というケースもあれば、技術者からの転身というケースもありますが、最近の転職者の傾向としては後者の技術者からプリセールスエンジニアを目指すというパターンが多いようです。 注目度が上がっている職種だけに、転職市場で優秀なプリセールスエンジニアのニーズは高まっていると言えます。...




転職・ITコンサルタントとは

転職・ITコンサルタントに役立つ資格

転職にとって重要な、ITコンサルタントに役立つ資格としては、以下のような資格が挙げられます。 SAPコンサルタント、IBMのTivoli認定のほかに、ロータス認定などのベンダー系の資格があります。 また、これらのベンダー系資格と併せて、システムアナリストの国家資格を持っていれば、経営の面から中小企業診断士を取得することをお勧めします。 一度資格を取得することができれば、すぐに仕事に生かすことができますので、転職する際に給与などの待遇面で差が出てくるのです。 これらの資格を取得するためには、講座を受講したり、専門の学校に通ったりして、ITコンサルタントに必須な知識を身につけることが重要です。 I...




転職・ITコンサルタントとは

転職業界で注目度の高いITコンサルタントとは、システム提案で問題解決を図る専門家です。 転職を希望する際、ITコンサルタントとしての能力は大きな武器になるものです。 というのも、IT関連企業にとって、優秀な転職者を集める鍵となる人材がITコンサルタントであるからです。 常に能力の高いフレッシュな転職者を求めているIT関連企業においては、ITコンサルタントは人材集めの重要なポジションであると言えます。 SEやPMなどから転職してITコンサルタントを目指す人もいれば、転職でITコンサルタントとしてのキャリアを積んでいく人もいるようです。...




転職・ヘルプデスクとは

転職・ヘルプデスクに役立つ資格

転職にとって重要な、ヘルプデスクに役立つ資格としては、非ベンダー系のCompTIA認定資格があります。 これは、サポート系職種の初級者向けの資格です。 初級システムアドミニストレータと併せて取得することによって、ヘルプデスクとしての信頼度が高まります。 初級シスアド(システムアドミニストレータ)とは、ユーザー企業の情報システム部門で要求される基礎知識に関わる資格となります。 一度資格を取得すれば、すぐに仕事に生かすことができますので、転職する際に給与などの待遇面で差が出てくるのです。 これらの資格を取得するためには、講座を受講したり、専門の学校に通ったりして、ヘルプデスクに必須な知識を身につけ...




転職・ヘルプデスクとは

IT業界への転職希望者たちが注目する職種の一つにヘルプデスクがあります。 ヘルプデスクとは、パソコンの操作やトラブルに適切に対処する仕事です。 多くの転職希望者が注目するヘルプデスクですが、転職してヘルプデスクになるには資格などは特に必要ではありません。 ただしコンピュータ全般に関して幅広い知識を持っていることが重要になります。 IT業界への転職の第一歩としてヘルプデスクを希望し、さらなるステップアップを狙うケースも多くあります。 経験の浅い人でも比較的転職しやすいため、自分のキャリアプランの一ステップとしてヘルプデスクを経験しておくという考え方もあるようです。...




転職を考える

転職で成功するには

転職で成功するには、いかに自分をアピールするかが重要なポイントになります。 現在自分ができることだけでなく、これからできるようになりたいと思っていることもしっかり採用担当者に伝えることが大事でしょう。 転職を成功させるためには、待遇面などの細かい条件をきっちり詰めておくことも大切です。 後悔しないために、少々言いにくい給与の希望などもはっきり伝えるのが転職を成功に導くコツと言えます。 また、希望する企業と自分との相性というのも、転職の成功に大きく関わってきます。 事前の下調べを徹底的に行なうとともに、面接では積極的に質問して不安を解消し、転職を成功させましょう。...




転職を考える

これまで述べてきたように、一口に転職と言っても、IT関連だけでもさまざまな職種があり、色んな視点から有利になることがお分かりいただけたと思います。 就職難と言われている今日ですが、それでも求人情報はたくさんあるものです。 その中で、自分に合った職業を見つけるのは困難なことがあるかもしれません。 しかし、転職を求める人にとって、この溢れかえっている膨大な情報の中で、どれだけ自分が求めている企業、自分にマッチした求人といかに出会えるかがキーポイントとなります。 自分にマッチした求人を見つけることができて、上手く転職できる人もたくさんいます。 また、見つけることが出来ずに転職できない人もいれば、転職...


スポンサーサイト

«転職 | トップへ戻る |  転職»

お気に入りリンク
ドクターズコスメならラボラボ
中古車検索
にきび跡 対策なら『 ラボラボ 』
BMW 中古車
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。