スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職

転職を成功させるポイントトップページ
転職するときには自分を見つめなおす

転職での失敗

いま働いている会社を退社して新しい会社に転職する、あるいは新しい仕事を始めてみる。 転職の理由としては、会社の経営方針や給与額などの勤務条件からくる不満という人は少なくありません。 しかし、それと同等くらいに多いのが「仕事にやりがいを持てない」「自分の能力を十分に発揮できない」、「自分の専門性や適正を生かせない」などといった、仕事と自分の能力・適性や志向との相違です。 いかなる理由であっても、新しい会社で勤務して、新しい仕事に就くことによって、それまで自分の不満足だった部分が解消されればいいのです。 しかし現実では、再就職を果たしたが転職先で前の会社と同じような悩みを抱き、またしても同じ理由に...




転職するときには自分を見つめなおす

転職をテーマとして、ガイドが問題に関わり始めた80年代前半においては、転職することは今ほど普通のことではありませんでした。 転職をすることで給与が下がってしまう場合が多く、しかも退職金の額は勤続年数に比例している、という考えが主流でした。 したがって、たとえその会社や仕事が自分には向いていなかったとしても、会社を辞めずにそのまま今の仕事を続けた方がよいという考え方が主流だったのです。 そんな時代背景があったため、自分がやりたいと思う仕事を求めて転職する人の事を、青い鳥症候群という言葉で皮肉るのが流行ったりもしました。 「最低3年間はその会社で我慢しろ。そうすれば、仕事に面白みが見えてくるはずだ...




転職フェアの活用法

「転職フェア」には、こんなメリットがある!

転職フェアでは、さまざまな人材関連企業が主催していて、内容やスタイルはそれぞれの企業によって異なります。 しかし、ほとんどの場合は、フェア会場内に複数社の企業ブースを出展して来場者と直接対話する、という形式をとっています。 それでは、転職フェアに参加することでどういったメリットがあるのでしょうか。 ●企業と対等な立場で、聞きたいことを質問できる。 「応募するのはまだちょっと……だけど、企業の人と話はしてみたい」ということがありますよね。 転職フェアでは、企業に応募する前に企業担当者と話すことができる絶好の機会になります。 面接となると、試されているという感覚に陥り緊張してしまい、聞きたいことも...




転職フェアの活用法

転職フェアに出席するメリットは、たくさんの企業担当者と会い、たくさんの話を聞き情報を仕入れることができる、ということだけではありません。 どのようなメリットがあるのかについて、以下で見ていきましょう。 ●書類上ではハンデがある人でも「人物」をアピールできる機会である。 自分が希望している企業が求めている条件に対して、自分は「経験年数が浅い」「技術が未熟」「分野が異なる」などといった、書類選考では通過するのが難しいと思われる人の場合には、企業担当者に直接会える転職フェアは、自分の「人物面」をアピールする絶好の機会になります。 経験や技術よりも「人当たりの良さ」「誠実さ」「素直さ」「コミュニケーシ...




転職回数での会社側の判断

ヘッドハンティングでの転職

みなさんは、ヘッドハンティングされた経験をお持ちでしょうか。 求人媒体では最近、スカウトメールというものが流行しているため、ヘッドハンティングとまではいかなくても、自分にあった求人についての連絡が企業側からきた経験のある方も多いのではないでしょうか。 その一方で、ヘッドハンターから本当にアプローチが来て「うちの会社に来ないか」と口説かれた経験がある人は、なかなか少ないと思います。 それでは、ヘッドハンティングをされる人とは、いったいどのような人なのでしょうか。 ヘッドハンターは、どのような人材に目をつけるのか? 多くの会社から「うちにこないか」と声がかかる人の特徴は何か? 多くの会社からスカウ...




転職回数での会社の判断

転職した回数は、やはり少ないほうがいいのでしょうか。 必ずしもそうとは限りません。 例えば新興系の成長企業では、転職の基準が比較的ゆるやかですので、転職の回数はそれほど気にされることはありません。 転職をした回数よりもむしろ、その人の成果や実績・ポテンシャルなどを見る場合が多いようです。 職種によっても違いますが、IT系、特にSEの方においては、現在需要(企業側)が大変に高く、それでいながら、供給(転職者)は少ないです。 したがって、多少のことがあっても目をつぶって採用されるケースが多いように感じます。 年齢が40代以降で、5年おきに1社ずつ転職しているということであれば、特に転職が多いと判断...




転職先での人間関係の注意点

転職先での人間関係を築き上げるには

●転職先の仕事では、年齢の差は割り切って対処しましょう。 成果主義や実力主義が世間に浸透するにつれて、役員も、年齢や性別に関係なく能力次第で決まるようになってきています。 今後は、転職した場合に、自分より年下の上司がいたり、その逆に自分より年上の社員を部下として配属されるといったことが当たり前になっていくことでしょう。 特にベンチャー企業ではその傾向が顕著で、創業時のメンバーとして自分より年下の人が経営陣の一角を担っているということは多々あります。 年齢差を意識し過ぎては、相手とギクシャクしてしまいますよ。 そうならないようにするには、あくまで仕事上の関係だけと割り切って、上司と部下ということ...




転職先での人間関係の注意点

●特定の人とだけ親しくしないようにしましょう。 入社当初では、席がたまたま隣り合わせになった同僚や、仕事の分担をしている人と話す機会が多くなります。 そこから、彼らと仲の良い何人かで酒を酌み交わすなど、プライベートでの付き合いも始まっていくものです。 しかしながら、入社して随分時間が経過しても特定の数人としか付き合わないでいると、他の社員から敬遠されて人間関係の輪が広がらないこともあります。 また、酒の席では、その場にいない同僚や上司などのうわさ話や、ときには非難の声が出たりもするでしょう。 そんな話ばかりを聞いて、誤った先入観を植え付けられることがないとは限りません。 同じ職場でも、どうして...




転職してからの注意点

転職での目的

転職というのは、自ら新しい環境の中に飛び込んでいくという行為です。 転職先での仕事環境や人間関係に上手く溶け込むことができていけば、その転職はあなたにとって成功したといえるでしょう。 転職を成功させるためには、どんな点を注意していけばよいかを考えていきましょう。 ●転職した目的を再確認しましょう。 転職は、現在あなたに置かれている状況よりも、よりよい環境を自分で作っていくための手段でもあります。 転職を決断するというのは、会社の経営方針や仕事内容、人間関係などで、何らかの不満があなたにあったのだと思います。 しかし、転職先で前の会社と同様な不満が発生するようであれば、その転職はあなたにとって成...




転職してからの注意点

●質問することで積極性を示していきましょう。 入社してからしばらくは、具体的な仕事内容や仕事の進め方に関するルール、職場の慣習などわからないことがたくさんあるはずです。 もしわからないことがあれば、どんなに些細なことだとしても、上司や同僚に質問しましょう。 質問をして、それに対して答えてもらうことによって、意思の疎通が図られます。 同時に、相手はその人に積極性があり、問題意識を持っていて、真面目だという印象を受けることにもなります。 ここで避けたいのは、これまで自分の経験上でわかっていることだといって自己判断により仕事を進めてしまうことです。 職場でのルールを理解してないうちから、前にいた会社...


スポンサーサイト

«転職 | トップへ戻る |  転職»

お気に入りリンク
ドクターズコスメならラボラボ
中古車検索
にきび跡 対策なら『 ラボラボ 』
BMW 中古車
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。