スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職

転職成功のポイントトップページ
転職時での契約期間とは

転職時の契約社員の契約期間

Q 契約期間を請負業務終了期間までにするのは妥当なのですか? ソフト開発の会社を契約社員として応募しました。 面接の説明によれば、契約期間についての話になると「担当者として任せた業務を終了するまで」ということでした。 これはとても曖昧な回答だと思います。 このように具体的ではない契約期間でも問題はないのでしょうか? A 原則として、期間を定めなければなりません。 そして、期間を延長する場合には、再契約を交わします。 契約社員は、1年以内で任意の契約期間を原則としています。 そして、労働時間や休日休暇、賃金などといったさまざまな労働条件については、会社の正社員とは別に契約を結ぶのです。 契約期間...




転職時での契約期間とは

Q 契約社員として、契約期間を1年とされましたが、将来に不安を感じています。 私の会社は、社員になるための道として、このたび契約社員制度が始まりました。 契約社員になることができれば、給与は年俸制になって、目標以上に上げた売り上げについては、一定の割合によって給与に上乗せしてもらえるなどといった、大変大きなメリットがあります。 しかし、契約期間は1年とされています。 会社は契約更新を必ず行うといっていますが、もしも再契約できなかったらと考えると不安になります。 A 会社が契約を1年毎にしていくのは、法律を配慮しているためです。更新条件に留意しましょう。 専門的な知識や技術を持っている人に対して...




転職で正社員になるには

転職するにあたってのノウハウ

いざというときのために、雇用調整を簡単にすることを目的として、派遣労働者やパートタイマーなどの非正規社員の雇用が現在増加しています。 厚生労働省での「就業形態の多様化に関する総合実態調査」によれば、全労働者に占める非正規社員の割合は1999年で27.5%となっており、その5年前よりも非正規社員が4.3ポイント増加しました。 非正規社員の中でも占める割合の多いのが73.9%のパートタイマーです。 その次は、契約社員の8.4%となっています。 この調査によれば、全労働者のなかで契約社員が占める割合は2.3%となっています。 一方で、契約社員を雇用する企業の割合は10%を超えています。 したがって、...




転職で正社員になるには

正社員は、一般的に他社との二重契約をすることを禁止していることが多いです。 しかし、契約社員の場合には、その会社で週の何日働くかを契約に明記することとして、その会社で働く日以外については、ほかの会社で働くことができます。 契約内容の中に、勤務時間を細かく盛り込んであれば、自分の好きな時間帯の勤務を選ぶことが可能になるのです。 また、契約社員というのは、原則的に昇給・昇進とは無縁になります。 ですから、社内行事や会社への忠誠心といったものに束縛されることもなく、社内の人間関係といったわずらわしさからも解放される部分があります。 こういった状況から、契約社員は、比較的自由に働けることがメリットにな...




お金にこだわらない転職

お金にこだわらない幸せな転職

●転職者の証言:お金よりも「時間」 「仕事も遊びも楽しんでする、という会社の社風で、年間の休日が130日以上もあるんです。 休みをきちんととることができますので、自分の趣味の魚釣りにも行くことができます。 海を見ると癒されるので、休日にリフレッシュする時間がもてると、来週も仕事を頑張ろうと思えてくるものです。 ですから、月曜日の朝から元気に働いていますよ。 あと、この会社には、誕生日休暇の制度もあるんですよ。 こういうのを見ると、社員をとても大切にする会社だと感じて、ずっとこの会社で働きたいと思えてきます」 ●転職者の証言:お金よりも「マイペース」 「フレックスタイム制で、直行直帰しても大丈夫...




お金にこだわらない転職

●転職者の証言:お金よりも「興味」 「自分が興味あることだと、自然に「もっと深く追求したい」とか、「自分のレベルを上げたい」という向上心が湧いてくるものです。 だから、大変なことも全然苦労に感じません。」 「TVでドキュメンタリー番組を見て感動しました。 そして、ヒューマニズムを人々に伝える番組を自分の手で制作したいと思いました。 そして、番組制作会社に転職したいと思って転職活動を始めました。 そんな中、制作会社の現場の人達の声を聞くと、みなさん口を揃えて、忙しくてとてもキツイと言っておられました。 しかし、そんな現実を知っても、自分の制作会社への熱意が薄れることはまったくありませんでした。 ...




初めての転職

転職の面接で「退職理由」を聞かれたら

はじめての転職する上で、面接を全く緊張することなくこなせる人はなかなかいないでしょう。 緊張している上に答えを返しにくい質問をされたら……。 「本音を話すことで評価が下がるかもしれない。だからといって嘘をついてはいけないし……」と、頭の中で色々なことがめぐり、しどろもどろな返答になってしまうことがありがちなようです。 とっさに出た返答次第によっては、面接担当者たちの心証を損なう恐れもありえます。 したがって、「聞かれては困る」と思う質問をあらかじめ想定しておき、返答の練習をしておきましょう。 面接で必ず聞かれるといっていいほどの質問は、「どうして前の会社を辞めた(辞めようと思っている)のですか...




初めての転職

「仕事はさほど楽しくはないけれども、給与が上がる」 「給与は下がるけれども、仕事は楽しい」 さて、あなたが転職するとしたら、どちらを選ぼうと思うでしょうか? 近年では、給与や待遇面以外の要素を重視して、転職する人が増加してきている状況です。 以前は、企業規模などで安定性や将来性を判断することができました。 そして、長く勤めていけば収入も右肩上がりで増加していったものです。 しかし、現在は大手企業に勤めているからといっても、まったく安心することはできません。 また、同じ会社に在籍し続けたとしても、成果主義の評価制度に変わってきているため、収入格差が生まれてしまう時代なのです。 そんな環境の中にお...




質問力で転職面接を突破しましょう

転職時の面接で受かる質問

転職時の面接での合否は、質問力によって分かれるものです。 近年では、何度かにわたって、大手人材派遣会社が面接力アップのセミナーを開催しています。 面接の最後で必ず質問されるのが「何か質問はありますか?」ということです。 ここで、優秀な人であれば、その質問は適切であり的確であるということを面接担当者に痛感させられます。 今回取り上げるのは、転職時の面接で受かる特徴や質問をする受験者です。 ●転職時の面接前に、質問を頭の中で約10個考えていく。 とはいえ、面接の場で突然、気の利いた質問をするのは、とても難しいことです。 面接前にその会社に対しての質問を10個くらい考えてから行くのがよいでしょう。 ...




質問力で転職面接を突破しましょう

■IR情報はよく見てから面接会場へいきましょう。 上場企業においては、IRをすることが義務付けられています。 よって、IR情報が一般に公開されているのです。 経理財務、経営企画、金融関連の方は必ず目を通して行きますが、その他のほとんどの方は他の職種に目を向けません。 しかしながら、その目をあまり通さないIR情報にこそ、会社の戦略や業績、またはその背景などマーケットについてのポイントがたくさん書かれているものです。 ですから、IR情報を元として質問を考えると、面接担当者の印象が深くなるでしょう。 ■転職の面接なので、中途採用で入社して活躍できるタイプを具体的に聞いてみる。 この質問をすることによ...


スポンサーサイト

«転職 | トップへ戻る |  転職»

お気に入りリンク
ドクターズコスメならラボラボ
中古車検索
にきび跡 対策なら『 ラボラボ 』
BMW 中古車
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。