スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職

エンジニアの転職のポイントトップページ
転職:エンジニア エンジニアとは?

転職:エンジニアその2 エンジニアとは?その2

プロジェクトマネージャ (PM) プロジェクトの責任者です。 スケジュールや予算の確保・管理等を行います。 システムエンジニア (SE) システムを企画立案・設計・運用する人です。 システムが円滑に稼働しその目的を果たすよう最善を尽くすことに責任を負います。 システムエンジニアは更にITアーキテクト・ネットワークエンジニア・データベースエンジニア・オペレータの4つに分類されます。 ITアーキテクト 顧客のヒアリングを行って、それから得られる要求定義に基づいて、最適なシステムを設計する人です。 ネットワークエンジニア ネットワークの構築や維持管理、運用を行う人です。 データベースエンジニア デー...




転職:エンジニアその1 エンジニアとは?その1

「エンジニア」という職業はITという言葉と一緒に使われることが多いです。 そのために何となくコンピューター関係の仕事に思えますが、正確には「機械・電気・土木・建築などの技術者。技師」のことです。 技術者とは「科学上の専門的な技術をもち、それを役立たせることを職業とする人」と定義されています。 尚、エンジニアリングとは工学・工学技術のことをいいます。 ここではコンピューター関係のエンジニア(コンピューター技術者)に関する職種を紹介します。 コンピュータ技術者とは? 企業内で利用される情報システムを、構築・管理する人のことです。 コンピュータやソフトウェアの専門家ではありますが、市販ソフトやゲーム...




転職:エンジニア エンジニアとは?&エンジニアとして働くには?

転職:エンジニアその4 エンジニアとして働くには?その2

システム開発を専門とする企業に就職する この場合、自社内で業務を行う場合と他社に派遣される場合(特定労働者派遣と言い、自分の会社の正社員を派遣すること。 特定の事業所に対して技術者を派遣する業者が多いです)があります。 一般企業から受託する元請ケースと、他のシステム開発会社から下請受託するケースがあり、5次請けも珍しくありません。 一般的に下に行けば行くほど給与は安く、サービス残業も多くなります。 自社内で業務を行う場合他社から受託、または自社で企画したシステムを開発します。 複数の企業の業務を知る必要があり、高い技術を習得することが可能です。 一方、プロジェクトの遅れから納期に追われることも...




転職:エンジニアその3 エンジニアとは?その3&エンジニアとして働くには?

プログラマ (PG) システムエンジニアの設計に基づき、細部の設計 (詳細設計) やプログラミングを行う人です。 自らの設計・開発したプログラムに関して責任を負います。 エンジニア(コンピュータ技術者)として働くには、一般企業のシステム部門に就職するか、システム開発会社に就職するかの二つの方法があります。 一般企業のシステム部門に就職するメリット 就職先の企業で長期にわたってシステムに関与するので、企画立案などシステム開発の初期段階から携わることも多いです。 一般企業のシステム部門に就職するデメリット 就職した企業の業務以外に業務知識を得ることができません。 実際の開発はシステム開発会社に委託...




転職:エンジニア エンジニアとして働くには?

転職:エンジニアその6 エンジニアとして働くには?その4

地域性 コンピュータ技術者の仕事は地域により大きな差があります。 首都圏など大都市部は大人数による巨大プロジェクトが多く、IT関連企業も総合ITベンダーが多いです。 一方、地方都市では少数精鋭型のプロジェクトが目立ち、特定の分野に特化した企業が多くなります。 そのため、求められる人材も地域によって大きな差があります。 特に地方都市では大都市部よりも技術者の数が少なく、高いスキルを求められることが多いため、未経験者が地方都市で就職することは相当難しいと言えます。 そのため、首都圏で経験とスキルを身につけた後、地方で就職するUターン型の技術者もたくさんいます。 ですが、コンピュータ技術の進歩は激し...




転職:エンジニアその5 エンジニアとして働くには?その3

他社に派遣される場合 一般企業のシステム部門や他のシステム開発会社などに派遣され、派遣先の技術者や他のシステム開発会社から派遣された技術者とともに仕事をします。 派遣先の業務に密接に関わり、他企業の技術者とも交流することができるため、スキルアップに有利です。 一方、場合によっては数ヶ月ごとに派遣先が替わることがあるため、人付き合いの苦手な人には向いていないでしょう。 派遣の形態には、労働者派遣・出向・業務委託の3つがあり、これらを組み合わせて派遣先からさらに他の派遣先に行くこともあります。 (三社間派遣や四社間派遣もあり得ます) 派遣契約が終了した場合でも、システム開発会社の社員である (特定...




転職:エンジニア システムエンジニアとは?

転職:エンジニアその8 システムエンジニアとは?その2(職域続き)

6:テストに合格したシステムを構成管理して稼動開始させます。 7:稼動したシステムの運用管理を行います。 8:運用管理の成果に基づき、顧客にシステムの改善を提案します。 9:以上の全域に渡り、システム構築のプロジェクトマネジメントを行います。 これらの仕事の中には、単にコンピュータの専門知識だけでなく、コミュニケーション能力や、顧客のビジネスの知識が要求されるものもあります。 常に能力を高める価値がある、正に「一生の仕事」と言えるでしょう。 プログラマ(PG)との違いは? 日本では、「ソフトウェアの構築」を担当する人のことを指します。 システムエンジニアが仕様を作成し、それに基づいてプログラマ...




転職:エンジニアその7 システムエンジニアとは?その1

システムエンジニア(略してSE)とは、もともとは情報システムの要求定義・設計・構築・運用に従事する職を指します。 日本では企業情報システムの開発に携わる人に対して主に使われる言葉です。 現在では、企業情報システムの設計開発者の上級者を指すこともあります。 システムエンジニアの職域 システムエンジニアの仕事の範囲を分類すると以下のようになります。 1:顧客の要求に対する聞き取りをして要求定義を行い、構築するコンピュータシステムの内容を明確化します。 2:定義された要求を実現するために、構築するソフトウェアとハードウェアの設計を行います。 3:ソフトウェアの構築とハードウェアの調達を行います。 4...




転職:エンジニア システムエンジニアの手法とは?

転職:エンジニアその10 システムエンジニアの手法とは?

システムを作成していくにあたっては、様々な工学的手法が用いられます。 特定の技術に特化して競争力とする企業がある一方、「死ぬ気になってやれば何でもできる」という精神論で連日の徹夜で開発を行ったりする企業もあります。 システムエンジニアの仕事では、ソフトウェア工学をはじめとする様々な分野の知見が利用されますが、これさえあればシステム構築は完璧という知識や技術はありません。 そのため、時代の流行を含めてシステムエンジニアは広い知見を持ち続けることを要求されます。 システムエンジニアに関する資格色々 国家資格と民間資格を合わせて以下の7つがあります。 ・技術士(情報工学部門・経営工学部門) ・情報処...




転職:エンジニアその9 システムエンジニアとは?その3

システムエンジニア経験者は最低1言語は知っており、コードが書けるのは当然だと思われることもありますが、必ずしもそうとは限りません。 プログラマを経験したのちにシステムエンジニアになるケースもありますが、企業の合理化手法の為に、コードを書かずにすぐにシステムエンジニアになる場合もあります。 また、会社によっては顧客と交渉する仕事のため、エンジニアと言っても営業職と変わらない場合もあります。 システムエンジニアの資格 システムエンジニアは資格独占業務ではないので、これといった資格がなくても仕事を受けることはできます。 ですが、自分のスキルの証明として取得を目指す人もいますし、資格を取得すると所属す...




転職:エンジニア ネットワークエンジニア (NE)とは?

転職:エンジニアその12 ネットワークエンジニア (NE)とは?その2

ネットワークシステムの構築: ネットワークデバイスを設定し、ネットワーク回線を使ってシステム同士を接続します。 構築後のテストも含まれます。 ネットワークシステムの運用・保守: 構築された後の維持管理、メンテナンスなどを行います。 これらの中には、単にコンピュータやネットワークの専門知識があるだけでは勤まらない、職業人としてのコミュニケーション能力や、顧客のビジネスの知識が要求されるものもあります。 ネットワークエンジニアという職業の特徴: 90年代後半にインターネットが爆発的に普及した事による慢性的な人材不足のため、技術職にも関わらず文系出身者も多いと言われます。 一般的にパソコンを使用する...




転職:エンジニアその11 ネットワークエンジニア (NE)とは?

コンピュータ・ネットワークシステムの提案、設計、構築、運用・保守などに従事する職業を指します。 様々なネットワーク機器(ルータやスイッチなど)、ネットワーク回線、プロトコルに精通しています。 システムエンジニアの職務内容と一部重なるところもあり、システムエンジニアの中で特にネットワーク部分に特化している情報技術者のことを指します。 ネットワークエンジニアの職域とは? 仕事の流れに添って分類すると、以下のようなものがあります。 ネットワークシステムの提案: 概要設計も含めて顧客への提案を行います。 ネットワークエンジニアではなく営業やコンサルタントなどがこれを行うこともあります。 ネットワークシ...




転職:エンジニア ネットワークエンジニアの資格

転職:エンジニアその14 エンジニアの資格(続き)

情報処理技術者試験は、「情報処理に関する業務を行う者の技術の向上に資するため、情報処理に関して必要な知識及び技能について」国が行う国家試験です。 情報処理技術者試験の試験区分と、それぞれの対象となる知識及び技能は、情報処理技術者試験の区分等を定める省令で定められています。 2007年度現在の試験区分、対象となる知識及び技能は、以下の通りです。 システムアナリスト: 情報処理システム(情報処理を目的として、複数の要素が組み合わされた体系のこと)及びこれを用いる業務、その他の活動の一体的な企画に必要な専門的知識及び技能 システム監査技術者: 情報処理システムの監査に必要な専門的知識及び技能 プロジ...




転職:エンジニアその13 ネットワークエンジニアの資格

ネットワークエンジニアに関する資格は国家資格・民間資格(ベンダー資格)合わせて以下の7つがあります。 国家資格: ・情報処理技術者 ・テクニカルエンジニア (ネットワーク) ・テクニカルエンジニア (情報セキュリティ) ・情報セキュリティアドミニストレータ 民間資格(ベンダー資格): ・Cisco技術者認定(CCNA・CCNP・CCIE等) ・マイクロソフト技術者認定(MCP・MCSE) ・Linux技術者認定(LPIC等) それでは、エンジニアの資格で代表的なものを紹介致します。 情報処理技術者: 日本の国家試験である「情報処理技術者試験」を言います。 ひとくちに「情報処理技術者試験」と言っ...




転職:エンジニア エンジニアの資格その1

転職:エンジニアその16 エンジニアの資格その3(続き)

ソフトウェア開発技術者: ソフトウェアの開発に必要な共通的知識及び技能 初級システムアドミニストレータ: 情報処理システムの活用に必要な基礎的知識及び技能 基本情報技術者: 情報処理システムの開発に必要な共通的基礎知識及び基礎技能 試験の実施について: 試験の実施については「情報処理技術者試験規則」で定められています。 試験の詳細は、実施されるその都度、官報に公示・受験案内書で説明されます。 試験は年2回、春と秋に実施されますが、春と秋の両方に試験が実施されるのは、初級システムアドミニストレータ・基本情報技術者・ソフトウェア開発技術者の3つのみです。 その他の資格試験は春か秋のどちらかに年1回...




転職:エンジニアその15 エンジニアの資格その2(続き)

上級システムアドミニストレータ: 情報処理システムの活用に必要な専門的知識及び技能 アプリケーションエンジニア: 情報処理システムの開発に必要な専門的知識及び技能 テクニカルエンジニア (システム管理): 情報処理システムの管理に必要な専門的知識及び技能 テクニカルエンジニア (ネットワーク): ネットワークシステムの開発に必要な専門的知識及び技能 テクニカルエンジニア (データベース): データベースシステムの開発に必要な専門的知識及び技能 テクニカルエンジニア (エンベデッドシステム): エンベデッドシステムの開発に必要な専門的知識及び技能 テクニカルエンジニア (情報セキュリティ): 情...




転職:エンジニア エンジニアの資格その2

転職:エンジニアその18 エンジニアの資格その5(続き)

午前試験の免除: 以下に掲げる条件に該当する場合は、午前試験が免除されて、午後試験のみの受験となります。 ・ソフトウェア開発技術者試験合格者が、合格年度の4月1日から2年以内に、システムアナリスト・プロジェクトマネージャ・アプリケーションエンジニアの各試験を受験する場合。 ただし出願時に免除申請が必ず必要です。 ・システムアナリスト・プロジェクトマネージャ・アプリケーションエンジニアの各試験合格者が、合格年度の4月1日から2年以内にこの3つの試験区分のうち他の2区分の試験を受験する場合。 ただし出願時に免除申請が必ず必要です。 ・初級システムアドミニストレータ試験及び基本情報技術者試験の構造改...




転職:エンジニアその17 エンジニアの資格その4(続き)

試験問題及び合格について: 試験はすべて筆記試験で行われます。 試験区分により詳細は異なりますが、午前と午後に分けて試験が行われます。 午前試験は多肢選択式です。 多肢選択式とは、マークシート解答方式です。 項目応答理論 (IRT) による換算スコアにより採点されます。 午後試験は、試験区分によりIとIIに分かれます。 記述式又は論述式のいずれか、あるいは両方を併用で行われます。 午後試験も多肢選択式のみの試験区分もあります。 素点のスコア(論述式は4段階の評語)により採点されます。 午前試験と午後試験、すべての合格基準を満たすと合格となります。 合格発表: 試験区分により異なりますが、試験終...




転職:エンジニア エンジニアの資格その3

転職:エンジニアその20 エンジニアの資格その7 試験について

試験は第一次と第二次があります。 第二次試験に合格すると技術士の資格が取得できますが、第一次試験に合格した上で一定の条件を満たす必要がります。 第一次試験に合格すると「技術士補」の資格を得て登録することが出来ます。 この「技術士補」として4年?10年(つきたい部門により異なります)の実務経験を積むと、第二次試験の受験資格が得られます。 二次試験では筆記試験と口頭試験が実施され、筆記試験に合格できた人のみが口頭試験を受けることが出来ます。 尚、理工系の大学院を修了している場合は、実務経験の期間のうち最大2年を減らすことが出来ます。 合格率は?: 以前は、医師国家試験・弁理士試験とあわせて理系三大...




転職:エンジニアその19 エンジニアの資格その6

技術士: 技術士は、技術士法に基づく日本の国家資格です。 資格を取ると、技術士の称号を使用して、登録した技術部門の技術業務を行うことができます。 技術士とは?: 技術士の名称を用いて、「科学技術に関する高等の専門的応用能力を必要とする事項」についての計画・研究・設計・分析・試験・評価(又はこれらに関する指導の業務)を行う人のことを言います。 ただし、建築・建築設備における設計業務等は行えません。 技術士とは登録技術者(レジスタード・エンジニア)制度であるので、試験に合格した後に文部科学省に登録しなくてはいけません。 尚、「技術士の義務」に違反すると登録を取り消される場合があります。 技術士試験...


スポンサーサイト

«転職 | トップへ戻る |  転職»

お気に入りリンク
ドクターズコスメならラボラボ
中古車検索
にきび跡 対策なら『 ラボラボ 』
BMW 中古車
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。