スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職

女性の転職のポイントトップページ
女性の転職

女性の転職 勤務、その他待遇

求人雑誌を読む場合は、給料だけでなく、休日、勤務時間、待遇、社会保険もチェックしましょう。 給料を見る場合は、呈示されている金額に各種手当てが含まれているか、交通費は支給されるか、残業・休日出勤手当てはつくかをチェックしましょう。 残業手当に上限がある場合は、会社が忙しい時はどれだけ残業しても上限を超えた分は全てサービスになるかもしれません。 「年棒制」等の場合、残業や休日出勤をどれだけしても全てサービスになる可能性があります。 また、交通費が支給されるかどうかも大事なポイントです。 「全額支給」なら問題ありませんが、「○○円まで支給」「一部支給」の場合、会社からの支給金額を超えた分は給料から...




女性の転職

転職活動を始める前に、どのように働きたいのか予め決めておきましょう。 しっかり働いてしっかり稼ぎたいのか、結婚後、出産後も働きたいのか、扶養控除内で働きたいのか。 大雑把な方向性だけでも決めておけば転職活動がスムーズに運ぶと思います。 方向性が決まったら求人情報を良く読みましょう。 「男女雇用機会均等法」という法律に寄り、採用する側の企業は男性であること、あるいは女性であることを理由に差別をしてはいけないと決められています。 ですから、一部の例外を除いて求人広告でも「男性のみ募集」「女性のみ募集」と いう言葉は使われていません。 ですが、やんわりと「男性が欲しい」とアピールしている仕事は、重い...




女性の転職 昇給について

女性の転職 完全週休2日制、週休2日制

週休二日制をかなりの企業が謳っていますが、詳細をよく確認しましょう。 完全週休2日制は1年を通して必ず週に2日は休日があるということ。 週休2日制は、必ずしも週に2日は休日があるわけではないということです。 つまり、月に1週以上2日の休みの週があればよく、日曜祝日プラス隔週で土曜が休日というケースもあります。 例えば、日曜と水曜が休みでも「週休2日」なので、連休が欲しい方は注意しましょう。 また、中には「週2日のうち1日は必ず、休日出勤してもらう」「夜勤あけは休日扱い」という企業もありますので、情報収集は念入りにしましょう。 接客業やサービス業はお盆や年末年始やGWが忙しいので、その時期は休み...




女性の転職 昇給について

初任給の他、昇給や賞与(ボーナス)についてもチェックしましょう。 5年、10年勤めても、昇進しない限りほとんど月給が増えない会社もあります。 賞与の額は会社の利益に左右されるので、利益がなければ支給もされない可能性があります。 できれば過去の実績を調べておきましょう。 そして、働く時間や期間にも寄りますが、各種社会保険や税金などが天引きされますので、実際に支給される「手取り」は額面の7~8割程度と考えて下さい。 基本給とボーナスを足しても満足のいく金額にならなかった場合は、派遣で働くと言う選択肢もあります。 ずっと現役で働き続けたい!という方には向きませんが、結婚して子供ができたら会社を辞めた...




女性の転職 勤務時間

女性の転職 勤務のローテション

正社員の場合、一定の期間ごとに勤務時間が変わることがあるので、体調を崩さないよう、勤務時間のローテーションを確認しましょう。 夜勤の場合は日付を跨いで仕事をする訳ですが、夜勤あけ(日付が変わった日)を出勤1日と数えるかどうかは企業次第です。 夜勤あけを出勤日として数えない場合、1日の夜10時から2日の朝5時まで働いて、2日の朝8時からまた仕事ということもあり得ます。 これは極端な例ですが、「遅番で夜10時に終わった翌日、早番で朝6時から出勤」ということがあるかも、程度は覚悟しておきましょう。 深夜の時間帯に働くとたいてい「深夜手当て」や「夜勤手当て」が支給されますが、既に「手当て込み」の給料が...




女性の転職 勤務時間

1日に働く時間のことを実働といいます。 労働基準法では「休息時間を除き、1日に8時間、1週間に40時間を超えてはならない」となっています。 勤務時間の幅が8時間以上あり、「実働8時間」と書かれている場合、1日の拘束時間を確認しましょう。 朝8時から夜8時まで職場にても、実際に働く時間がトータルで8時間なら「実働8時間」となり、8時間分の給料しか支払われないこともあります。 分かりやすく「実働8時間、休憩拘束9時間」と明記してある企業もあります。 一定の時間毎に交代する勤務を交代制といいます。 フレックスタイムは勤務時間を選択できます。 医療・介護の仕事の他、工場や販売・サービス業などでも採用さ...




女性の転職 各種手当て

女性の転職 サポートサイト

女性だからといって男性との転職活動に大きな違いはありませんが、女性の転職を積極的に応援・サポートする機関やサイトはたくさんありますので必要に応じて利用して下さい。 最近は女性の社会進出がものすごく加速しているのはこのようなサポートがしっかりしてきたからなのでしょうか。 「マザーズハローワーク」「マザーズサロン」 元「レディス・ハローワーク」「両立支援ハローワーク」です。 男女雇用機会均等法の改正に伴って名前が変わりましたが、内容は変わっていません。 家庭生活と仕事の両立を支援するという目的で設立された機関で、「マザーズハローワーク」は全国に12ヵ所、「マザーズサロン」は36ヶ所あります。 「両...




女性の転職 各種手当て

各種手当には基準外手当と基準内手当の2つがあります。 時間外手当、休日出勤は基準外手当。時間外の勤務(残業)をした場合は基本給の25%以上、休日出勤の場合は35%以上をプラスして支給しなければいけないと法律で決まっています。 住宅手当、資格手当は基準内手当。基準外手当てと違い、必ず支給されるわけではありません。 住宅手当てはなくても社員寮がある場合や、企業が独自に定めた手当てが支給される場合もあります。 社員割引やチケットなどの格安提供なども待遇の一つと言えます。 また退職金、交通費も待遇として記載する場合もあります。 「退職金制度あり」と書かれていても、必ず支給されるとは限りません。 会社の...




女性の転職 「マザーズハローワーク」「マザーズサロン」紹介

女性の転職 資格取得

希望する職種によっては特定の資格が必須だったり、取得していれば採用や給与の面で有利になったりします。 女性に人気の資格をいくつか紹介しますので参考にして下さい。 ・秘書 上司がスムーズに仕事をするために補佐するのが仕事です。 具体的な業務内容は、実務処理(スケジュール管理、文書作成・管理、情報の収集・管理など)から来客応対、マナー・接遇などです。 資格を取るためには秘書技能検定を受ける必要があります。 秘書としての資質、職務知識、一般知識の「理論」と、マナー・接遇および技能の「実技」が問われます。 いずれも6割以上の正答が合格ラインになります。 目標がスペシャリストの場合、準1級以上の資格が必...




女性の転職 「マザーズハローワーク」「マザーズサロン」紹介

子育てをしながら就職を希望している方に対して、子供連れで来所しやすい環境を整備し、個々の希望やニーズに応じた就職支援を行っています。 キッズコーナーなどが設置され、子供連れで来所しやすい環境を整備されています。 予約による担当者制の職業相談、地方公共団体等との連携による保育所等の情報提供、仕事と子育ての両立がしやすい求人情報の提供など、総合的かつ一貫した就職支援を行っています。 全国のマザーズハローワークは下記の場所にあります。 札幌 (札幌市中央区) 宮城 (仙台市青葉区) 千葉(千葉市中央区) 東京(渋谷区) 神奈川(横浜市西区) 愛知(名古屋市中村区) 京都(京都市中京区) 大阪(大阪市...




女性の転職 資格取得

女性の転職 語学(TOEIC)

TOEICは英語に寄るコミュニケーション能力を問う世界共通の試験です。 転職、就職の際は、600点以上あるなら採用の時に優遇されるようです。 500~600点の目安として、「日常会話のコミュニケーションができる」「基本的な文法・構文が身についている」「表現力が不足していても、自分の意志を伝えられる語彙力がある」の3つがあります。 試験には以下のような特長があります。 試験の結果は合格・不合格ではなく、リスニング(5~495点)、リーディング(5~495点)の2つを足したトータルスコア10~990点で表示されます。 リスニング問題100問(45分)、リーディング問題100問(75分)、合計200...




女性の転職 資格取得2

簿記とは、企業の会計面での事務処理業務全般をいいます。数字を管理するだけではなく、企業の経営状態や財政状態を把握し、営利活動を行う重要なものです。 1級~3級まであり、1級はかなりの難関だと言われています。 簿記の資格があれば経理事務などの職に応募する時アピールポイントになります。 ですが、「資格」はあくまで「知識」ですので、経理事務などで重要視されるのは経験のようです。 また、エクセル・ワードや経理ソフトなどが最低限扱えることが採用の条件になることも多いので、簿記の勉強と平行して一般的なパソコンに関する資格取得も目指した方が効率的でしょう。 簿記検定の最近の傾向では、多岐にわたる問題が出題さ...




女性の転職 歯科助手

女性の転職 医療事務

医療事務の仕事は、レセプト(診療報酬明細書)の作成と受付業務などがあります。 医療機関の経営面を支え、来院した患者さんと最初に接する医療機関の「窓口」としての役割も担う仕事です。 歯科助手と同様、求人も多く働きたい曜日や時間の融通が利きやすく、拘束時間も短いので、家庭と仕事を両立したい方に向いています。 医療事務は、医療用語や用具、薬品の知識は必要ですが、看護師等のように治療の手伝いをする仕事ではないので、医療の複雑な専門知識は不要です。 就職の際に資格は必須ではありませんが、即戦力をアピールできます。 資格試験は1月・3月・5月・7月・9月・11月の年6回実施され、受験内容は学科(マークシー...




女性の転職 歯科助手

正式名称「歯科医療事務管理士」は技能を認定する民間資格です。 歯科医師のアシスタントとして、医師の指示通り器具を渡したり、患者さんのエプロンをかけたり、会計をしたりと歯科医院に不可欠な存在です。 求人が多く、どこに住んでいても職場が探しやすいというメリットがあります。 仕事内容は重労働ではなく、時間も決まっている仕事なので女性向けと言えます。 フルタイムで、午前中だけ、週に2~3回など、勤務形態が選びやすいのが特長です。 就職の際、資格は必須ではありませんが、即戦力になることをアピールできます。 通信講座などで「修了証」を取得出来れば、それを履歴書に書くことも出来ますし、在宅で資格取得試験を受...




女性の転職 ファイナンシャルプランナー

女性の転職 ファイナンシャルプランナー2

資格試験に合格すると2級FP技能士の資格を取得することができ、さらに日本FP協会に登録すればAFPも取得可能です。 (AFP登録には入会金・年会費が必要となります) 試験は年3回(1月/5月/9月)実施されますが、受験資格を得るには以下のいずれかに該当しなければならないので注意して下さい。 (1) 日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了する(通信講座などでの修了証明書取得が該当します) (2) 3級FP技能検定に合格する(金融渉外技能審査3級を含む) (3) FP業務に関して2年以上の実務経験がある 試験内容 学科試験と実技試験があります。学科試験はマークシート方式(4肢択一式)です。 試...




女性の転職 ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー(FP)とは、個人のライフプラン(人生設計)を財政的な面から総合的にアドバイスし、プランの立案・実行を手助けする専門家です。 金融機関、不動産・建設・ハウスメーカー、保険会社などで約にたつ資格です。 マイホーム購入の際のローン返済プランを立てたり、生命保険などの有効な使い方を提案したり、「お金を動かし、増やすこと」についてアドバイスすることが出来ます。 また、税金や年金、保険などお金についての専門知識が身につくので、その知識を活用することで自分自身や家族のライフプランに役立てることができます。 個人の顧客に対する相談業務やライフプランの設計、財務管理だけではなく、コン...




女性の転職 行政書士

女性の転職 行政書士2

試験内容の紹介をしたいと思います。参考にしてください。 出題科目は「法令等」と「一般知識等」の2科目あります。 ・法令等 大部分が択一式の問題ですが、一部、記述式問題があります。 憲法、行政法、民法、商法、基礎法学の中から46問出題されます。 ・一般知識等 政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解から14問出題されます。 科目ごとで40~50%以上の得点率、かつ、全体で60%以上の得点率」というのが、合格基準です。 合格者の定員はありませんので、合格基準を満たせば資格が取得できます。 試験は毎年1回、11月の第2日曜日に実施されます。 受験資格は特にありません。 受験料は7000円か...




女性の転職 行政書士

行政書士は、官公署に提出する各種許認可・届出書類などを個人や企業に代わって作成したり、提出代理、相談業務を行ったりします。 書類を扱う仕事内容なので女性ならではのキメ細かさを活かすことができます。 業務範囲は広く、活躍の場は多様にあります。 一例を紹介しますと…。 国際法務事務、外国人の帰化申請、在留許可申請、相続業務、遺言書や遺産分割協議書の作成などです。 その他にも建設業許可申請、数年ごとに更新しなければならない許可申請のため、安定した経営が期待できます。 風俗営業許可申請、入れ替わりの激しい業界であるのに加えて、変更承認申請などがあります。 資格を取得すれば法律知識を持った人材として、高...




女性の転職 マイクロソフトオフィススペシャリスト

女性の転職 マイクロソフトオフィススペシャリスト2

試験形式ですが試験会場に用意されているパソコンを使っての実技試験で、試験時間は45分または50分です。 筆記試験はありません。 約15~25問の問題がパソコンの画面上に表示され、Microsoft Officeのアプリケーションソフトを使って、要求された作業を行います。 問題は各試験ごとに発表されている「評価対象となるスキルとタスク」から出題されます。 試験は、個人で申し込む全国試験の他、パソコン教室等でも受けられます。 尚、この資格に限らず、資格取得のために通信講座や職業スクール等に通った場合、費用の20~40%が支給されることがあります。 (教育給付金制度と言います) 雇用保険の加入期間や...




女性の転職 マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフトオフィススペシャリストマイクロソフト社自らが認定する、世界標準資格です。 「パソコンをどれだけ使いこなせるか」の明確な基準になります。 事務系の職業の募集ではWordとExcelが使いこなせることが条件になっていることが良くありますので、重要性の高い資格と言えます。 試験は会場に用意されているパソコンを使っての実技試験のみで、筆記試験はありません。 試験には「スペシャリスト」と「エキスパート」の2つのレベルがあります。 スペシャリストは基本的な機能を効率よく利用して、一般的なビジネス文書や計算表などを作成し、その変更・印刷等の作業を行うことができます。 エキスパートレベル、スペシ...


スポンサーサイト

«転職 | トップへ戻る |  転職»

お気に入りリンク
ドクターズコスメならラボラボ
中古車検索
にきび跡 対策なら『 ラボラボ 』
BMW 中古車
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。