スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスローズ

クリスマスローズの名前は、クリスマスの時期にバラに似た花を咲かせることから名づけられました。

寒さに強く、花の少ない冬から春にかけて咲き、その開花期も長く、日陰に耐えることが出来る、キンポウゲ科クリスマスローズ属の、冬の貴重な植物です。

尚、花言葉は「慰め」です。

クリスマスローズが人々から愛されている理由は、その美しい姿もそうですが、やはり花の少ない時期に開花する、ということと、荒れた大地に自生するような強さを持っているからでしょう。

また、この花は、冬の凍った大地で、雪を持ち上げて開花することから「雪起こし」とも呼ばれています。

クリスマスローズは、その可憐な姿に似合わず、大変強い花です。

別名を「雪起こし」とも言うように、冬枯れの大地で、雪を持ち上げて花を咲かせ、自生しているのです。

本来のクリスマスローズを指すノイガーは、地下の黒く短い根に由来しており、以前は、薬として飲まれていました。

クリスマスローズで、我々から見て、花びらのように見える部分は実は、植物学的にはガク片と呼ばれているものです。

花弁は退化して蜜管となっており、そのため開花期が長く、観賞用に適しているといえるのです。

また品種改良によって色も増え、冬になくてはならない花となりました。

ガーデニングの本家英国で、最も愛されている花は、もちろんバラですが、クリスマスローズは、そのバラに次ぐ人気を誇っています。

それは、改良による色の多様さや形の美しさもあるでしょうが、やはり冬の、しかもクリスマスシーズンに開花するということや、育てやすい丈夫さが挙げられるでしょう。


スポンサーサイト

«クリスマスローズ | トップへ戻る |  クリスマスローズ»

お気に入りリンク
ドクターズコスメならラボラボ
中古車検索
にきび跡 対策なら『 ラボラボ 』
BMW 中古車
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。