スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスローズ

クリスマスローズは英国ではノイガーという、白い花を指しています。

しかし日本では2~3月に咲くオリエンタリスも含めて、クリスマスローズと呼んでいます。

その名のとおり、バラに似た花を咲かせ、寒さにも強く花が咲いている期間も長いため、貴重な冬の植物として、愛されています。

クリスマスローズのオリジナルとも言える、ノイガーと言う名前は地下の黒く短い根に由来しています。

またこの根はヨーロッパでは昔から薬として飲まれていたそうです。

また大変強い花で、冬の凍てついた大地で雪を持ち上げて花を咲かせることから、「雪起こし」とも呼ばれています。

クリスマスローズで、我々から見て、花びらのように見える部分は実は、植物学的にはガク片と呼ばれているものです。

花弁は退化して蜜管となっており、そのため開花期が長く、観賞用に適しているといえるのです。

また品種改良によって色も増え、冬になくてはならない花となりました。

クリスマスローズは、ガーデニングの本家の英国に限らず、世界中で愛されています。

改良が進んで、鮮やかになった色の種類が増えた、ということもありますが、まず花の少ない冬が開花期に当たること、さらに、半日陰でも育つ丈夫さを持っていることなどが挙げられると思います。


スポンサーサイト

«クリスマスローズ | トップへ戻る |  クリスマスローズ»

お気に入りリンク
ドクターズコスメならラボラボ
中古車検索
にきび跡 対策なら『 ラボラボ 』
BMW 中古車
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。